【Click!】Audible【オーディオブック】無料体験でAmazon3000ポイントプレゼントキャンペーン実施中【期間限定】

withでマッチングした社会人【20歳】の女の子と5時間おしゃべりデートしてきた日記【4人目】

 

これは、僕がwithでマッチングした女の子と、初デートしてきたときの日記である。

マッチングアプリ「with」とは?料金や評判は?恋人が欲しい人全員に使って欲しい神サービスだった!!

 

ただの日記だったら「なんだ、ただの自慢かよ・・・・!!!」

って話になってくるので、僕がデートで意識していることとか、学んだこととかもちょいちょい小出しにしながらまとめていきたいと思います。

 

この記事で学べること

・マッチングアプリで知り合った女の子との初デートサンプル

・おしゃべりデートのやり方

・ウインドウショッピング便利

・いかにして手を繋ぐか

・京都でのデート【一例】

・鴨川最強

 

こんな感じ。それではいってみよう♪

 

待ち合わせ

10月26日。晴れ。気温23度。長袖のスエットを着てるけれど少し熱い。時計の針は1時を指している。

 

今日はデート。

 

相手は20歳の社会人。高卒で働いているらしい。

アプリのプロフィール画面には、snowでちょっと盛られた女の子の笑顔がこちらを向いている。

 

今日の女の子は、withでの出会いとしては通算4人目。

【1人目】

withを初めて3日目でマッチング。女の子とデートしてきたよ~【ギャルだと思った編】

【3人目】

マッチンアプリwithで出会った女子大生とデートしてきた話【14日目】

 

なので、待ち合わせにはだいぶ慣れてきた感ある。

 

「今日はどんな女の子と出会えるのだろう。

プロフィール写真より不細工だったらいやだな~。

いや、この写真はワンちゃん可愛いはず。」

 

とかいつも通りゲスいことを考えながら、僕は集合場所の河原町駅へと向かう。

 

改札に辿り着く。たくさんの人が行き交う。

 

だけど、改札口を出たすぐそばで、携帯をいじっている女の子がいる。

顔も少しプロフ画像に似てる。灰色のシャツを着ていた。

 

集合場所に到着したと彼女にラインを送る。

 

「改札ついた~。もしかして、灰色のシャツ?(笑)」

 

「そうだよ~」

 

ってなやり取りをしながら。集合。

 

立花梨花似の女の子だった。普通に可愛い。【以下彼女は梨花ちゃんと呼ぶ】

 

デート開始だ。

 

速攻スタバに行く

 

初対面の女の子とのデートは最初っからカフェに行くと決まっている。

付き合う前の初デート。場所はどこがいい?注意するべきことは?大学生が語ってみた

 

丁度良くスタバが駅近にあったので早速入店する。というか京都の河原町にはスタバが無限にあるから確信犯。

 

僕も彼女も○○フラペチーノを注文して席に着く。【ちなみに割り勘してくれました。優しすぎ。】

 

初対面の初デートはとにかくお互い情報不足。

ひたすらしゃべる。

 

どんな仕事をしているのか?

趣味は?

過去の恋愛遍歴は?

なんでマッチングアプリ始めたの?

etc…

 

もはやカウンセリングである。

口下手でも絶対話せる!女性との会話で意識するべき3ポイント【初デートにも】

 

女の子とのデートで質問する内容なんてだいたい決まってるので、つまることなく会話はスムーズに進む。

梨花ちゃんもわりとおしゃべりでいてくれたのも味方した。

 

販売員をしてて、高校の時の部活はテニス部で、最近彼氏と別れて・・・。

 

いろんな質問と並行しながらも、梨花ちゃんとの距離を縮めるために、少しずつ自虐っぽい自己紹介も絡めていく。

 

「僕も高校生のころ、本当はテニス部に入りたかったんだけれど、隠キャラ過ぎて、テニス部に入るのは恐れ多かったんだ。

だから結局入部できなかったんだ~www」

てきな。我ながらつまらない冗談。でも笑ってくれて嬉しい。優しい。可愛い。大好き。

 

僕の過去の遍歴はともかく、デートの会話において、自分を強く見せようとする自慢や武勇伝は必要ない。

だけど、過去の失敗だとか、恥をかいただとか、そういう話は積極的にするべきだ。

人は他人の成功体験よりも、失敗に共感するし好意をもつ生き物だから。

 

40分ぐらいしゃべっただろうか。

お互いに飲み物がなくなってので店を出ることにした。

 

2.デート続行。ウインドウショッピング。

 

店を出たはいいけれど、この日のデートはあろうことかノープランである。我ながら無能。

 

夕方集合にすればよかった。まだまだ解散するには早すぎる時間だし、一日僕のために休みを開けておいてくれた彼女に申し訳ない気もするし。

 

どうしたものか。

 

近所にカラオケもあるけれど、カフェでの会話によると彼女はどうやら歌うことが苦手らしい。困った。

 

「どうしよ~か~」

 

「どうしますか~」

 

「とりあえずぶらぶらしますか~」

 

ってことで、街をぶらつくことにする。

幸い、というのは嘘で。必然的に、僕がデートの場所に設定したのは、河原町。すなわち、京都の繁華街。

商店街やデパートなどが立ち並ぶ京都の中心。

 

つまり、ウインドウショッピングするのにはぴったりな場所なのだ。

 

ということで、二人でのんびり商店街を散策したり、服屋さんを見たりすることにした。

 

商店街を歩いていると、当たり前のことだけれど、いろんなお店が目に入る。

だから、目に入ったものを起点にして、話題を繋げていくことができる。

 

服屋⇒服の話題

見たことあるブランドのお店⇒好きなブランドの話題

ケーキ屋さん⇒美味しいお菓子

映画館⇒好きな映画の話

 

とか。ひたすらしゃべる。

しゃべってるうちに、だんだん梨花ちゃんとの距離も縮まってくる。

 

笑顔が漏れる。並んで歩いていると肩がぶつかる。

 

出会って2時間たらずだけど、だいぶ梨花ちゃんとの心理的な距離も縮まってきたようだ。

 

 

そろそろ商店街も飽きてきたので作戦変更。ロフト作戦に移る。

 

京都の河原町には、全国の繁華街同様にロフトがある。

 

ロフト。それはありとあらゆる雑貨の揃うテーマパーク。

ロフトもウインドウショッピングデートにおすすめだ。

いろんな商品がそろっているので、話題に困らない。

 

ねー、これ可愛くない?

ねー、これめっちゃ便利そうじゃない??

ねー、これいったい誰が買うんだろう??

この加湿器欲しい~

 

みたいな感じで並んでる商品に対してお互いにリアクションを取ってるだけで割と盛り上がる。

 

結局40分間ぐらいロフトを見て回っただろうか。

 

ちょっとそろそろ歩き疲れてきたかも~ということで、鴨川に行く。

 

鴨川。それは京都の定番すぎるデートスポットである。

おもに春や秋なんか気温がちょうどよくて気持ちがいいのである。

今日も天気がいいのでまばらにカップルらしき人達が並んで座っている。

 

鴨川等間隔の法則にならって、僕たちも隣のカップルと適度な距離を保ちつつ座る。

岡崎体育 – 鴨川等間隔 【MUSIC VIDEO】

岡崎体育 - 鴨川等間隔 【MUSIC VIDEO】

 

ということで、鴨川でもひたすらしゃべる。

 

・・・。

 

30分ぐらいたっただろうか。

 

日中は暖かった日差しも、だんだんと夕方に近づくにつれて弱まってくる。

寒くなってきた。

彼女も少し薄着だし。

 

「どっか店に入ろっか。」

 

ということで、商店街に戻る。

僕の行きつけのカフェに行こうとしたんだけれども、ドトールが目に入り、

 

「あ、ドトールだ。」

 

「ドトールだね。ドトールにする??」

 

「あ、ほんと?(そんな店でいいの??まぁいっか。)

 

じゃあそうしよっか。」

 

ということでドトールで休憩をはさむことにする。

ドトールは安上がりなので貧乏学生には嬉しい。

 

ちなみに、お茶代は割り勘だった。梨花ちゃん…優しすぎでは??

 

 

カフェでは再びおしゃべりをした。(どんだけおしゃべりするんだよ・・・・!!!!

 

 

5.手を繋いでみた

30分ぐらいカフェで話しただろうか。

飲み物も尽きてきたし、そろそろ再び外に出ることにする。

 

もう日が暮れてあたりは暗くなっていた。時刻はそろそろ18時を回ろうとしている。

 

晩御飯を食べるべきか。

そのまま解散するべきか迷う。

 

うーん、迷った結果、とりあえず手を繋いでみる事にした。(いきなりの発想

 

いわゆるナンパ用語で、ハンドテストっていうやつ。やってみたかった。

 

ハンドテストっていうのは、女の子と手を繋いだときの反応によって、

 

女の子が自分のことを異性としてちゃんと見てくれているのか?

受け入れてくれているのか?

仲良くなれたのか??

 

ということを簡易的にチェックすることができるテクニックだ。テクニックといえば大げさだけど。

 

ということで、街を歩いているときの信号待ち。

会話しながらさりげなく手を繋いでみた。(内心めっちゃ緊張してる)

 

 

結果は

 

 

 

 

「・・・あーあ。(笑)」

 

「ちょっと、繋ぎたくなった(笑)」

 

まんざらでもないようだ。普通に握り返してくれてる。(これなんてギャルゲ?

 

これで、僕の今日のミッションは終わりである。ここまで進めば十分。

 

 

反省

 

手を繋いだあとはもうちょっと一緒にいようかってふたたび鴨川でおしゃべり。

不思議と寒くないね。あったかいね。いろんな意味で。

 

今日のデートは終了だ。

 

さすがに5時間ほどぶっ続けで話しっぱなしは疲れた。

健全解散。

 

というわけで、今日のデートで学んだこと

 

・昼間に集合して、ノープランでデートするのは結構大変。

・初対面でも、ちゃんとおしゃべりしてお互いのことを知り合って仲良くなれば手を繋ぐレベルまでは仲良くなれる。

 

です。

 

疑問に残ったこと

5時間。ほぼウインドウショッピングでおしゃべりデートしたんだけれども、梨花ちゃんは本当に楽しかったのか???

 

的な。まぁ、最終的に手は繋いでくれたし、女の子って想像以上におしゃべりが好きなのかもしれない。

 

うん、なんというか。

 

もっともっと女の子と出会って、いろんな女の子を知って、自分の魅力とか技術とか高めていきたいですね・・・!!

 

って感じ。

 

今回の女の子は特別珍しい子ってわけじゃなかったんですけれども、3つも年上な男なのにも関わらず割り勘をしてくれるというところに美学を感じました。

割り勘してくれる女の子って、遊びたいというより、彼女にしたいって思うので、万が一ここまで読んでくれた女の子、ぜひ参考にしてみてくださいっ

 

これからも、いろんな女の子とデートして、その成果をブログでまとめていけたらなと。自己満かもだけど。

 

それでは☆

 

合わせて読みたい

withを初めて3日目でマッチング。女の子とデートしてきたよ~【ギャルだと思った編】 マッチンアプリwithで出会った女子大生とデートしてきた話【14日目】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です