【Click!】エヴァンゲリヲン新劇場版序:破:を無料で見よう!【期間限定1/31まで】

恋愛に関する4つのホルモンを知り、感情をハック⇒好きな人を意のままに操ろう☆

 

どうも、恋愛狂です。

 

今日も今日とてDaiGOの動画を見て学んだことをアウトプットしていきたいと思います~。

 

ということで、今日は恋愛ホルモンについての紹介です。

 

結局、人間が人を好きになったり、愛したり、セックスしたくなったりするのって、頭ン中にいろんなホルモンなどが出ているからでありまして。

 

つまり、人を惚れさせたり、エロくさせたりしたかったら、相手のホルモンをコントロールすればいいわけですよ・・・!!(天才

 

まぁ、ほら、恋してたらなんか、ふわふわしたり頭おかしくなったりするじゃないですか。

それって体中をぶわーってホルモンが行き交ってるからなんですよね。詳しいことは知らんけれど。

 

ということで、恋愛に関するホルモンを学んで、気になるあの子を惚れさせちゃおうっていうのが今回の趣旨です、いってみよう☆

 

1.フェニルエチルアミン⇒燃えるような恋愛感情を引き起こす。

まず一つめは、フェニルエチルアミンのご紹介です。

 

このホルモンは、通称恋愛ホルモンと呼ばれ、燃えるような恋愛感情を引き起こします。

 

例えば、新婚さんとか付き合い立てのカップルって、大体ラブラブちゅっちゅな感じじゃないですか。

あれは、フェニルエチルアミンが分泌されているからなんですよね。

 

ただし、このホルモンっていうのは、その人と恋を初めて3年ほどで出なくなってしまいます。

 

なので、3年を過ぎたらもう終わりなのか!?って思うんですけれども。

 

なんと、このフェニルエチルアミンさん、チョコにも含まれているそうです。

なので、恋人と末永く仲良しでいたかったら、チョコをよく食べるといいみたいですな。

 

また、このフェニルエチルアミンは、オーガズムに達することによっても分泌されるらしいです。

つまり、パートナーとはよくセックスしろっちゅう話ですな。

 

 

2.エストロゲン(女性らしさをつかさどるホルモン)

2つ目は、エストロゲンの紹介です。

 

エストロゲンとは、女性の卵巣から分泌される女性ホルモンのこと。

生理終了から、排卵の時期にかかえて分泌されます。

 

エストロゲンが、たくさん分泌されているとき、女性の魅力度が向上するみたいですね。

実際の実験で、エストロゲンがよく出ているストリッパーと、出ていないストリッパーでは、エストロゲンを多く出しているストリッパーの方がチップが良くもらえたらしいです。

 

で、エストロゲンには女性の性欲を高めたり、満腹感を高めたり、バストアップの効果もあります。

 

で、エストロゲンは、生理による分泌以外にも、セックスしても分泌されるらしいです。

恋をしている人が、エロくなったり、痩せたり、おっぱい大きくなったりするのは、エストロゲンが多く排出されているから。

 

つまり、恋してセックス沢山しようってことですな。

ただ、「セックスする相手がいないんじゃが!?」

って人も安心です。

 

エストロゲンは、自慰行為をやっても分泌されます。なので、女性の皆さんは、美しくなりたければオナニーをしましょうってことだね・・・!!!

 

たしかに、思い出してみれば、オナニーしてる女の子って可愛くてエロい子が多い気がします。

 

3.オキシトシン⇒誘惑と愛情のホルモン

3つ目は、誘惑と愛情のホルモンことオキシトシンです。

 

このホルモンは、女性の忘れられない気持ちを生み出すホルモンです。

また、女の子がセックスしてる時、「感じてる」っていうおっもいを作りだすのもこのホルモン。

 

「女は好きになった男とセックスするのではなく、セックスした男を好きになる」なんて言いますけれども、このオキシトシンの効果なんですよね。

 

なので、男子が女の子とセックスをする場合、いかにこのオキシトシンを生み出すかがカギになります。

 

じゃあ、どうやったらこのオキシトシンを分泌させることができるのかっていうと、なんと、挿入時に分泌されるんですね。

つまり、男は時間をかけてセックスしろっちゅう話です。スローセックスです。

 

男女のAVの差を見れば分かるんですけれども、男のAVはめちゃめちゃ視覚に訴えかけるような激しいセックスが多めなのに対して、女のAVは優しくて挿入時間が長いんですよね。

 

こういうところでも、女性は挿入時間の長いセックスを好む⇒オキシトシンが分泌されるセックスが好き

っていうことです。

 

で、ベストなセックスの時間は30分~60分くらいだそうです。頑張ろう。

 

4.プロラクチン⇒バストアップ

おっぱいって、揉んだらでかくなる。

 

的な、話、よくあるよね。

おっぱい揉みたいがための言い訳に使いがちだよね。

 

で、実際におっぱいって揉むとでかくなるらしいです。

 

というのも、おっぱいを揉むとプロラクチンっていうホルモンがでて、その影響でおっぱいが大きくなるそうな。

 

ということで、男子諸君、今度からは

「おっぱいを揉むと、プロラクチンっていうホルモンが出るからおっぱいが大きくなるらしいよ(メガネクイッ」

っていうと彼女さんがおっぱいを差し出してくれる可能性も上がるんじゃね?知らんけど。

 

ただ、プロラクチンが分泌されるベスト揉み方っていうのは、ソフトに1秒間に3回揉む、らしいです。

ほぼ振動。

 

まとめ

 

恋愛感情って、凄くドラマチックでロマンチックで運命的なものに見られがちだけれども、結局脳内ホルモンの分泌による現象に過ぎないわけですよ。

 

新婚ホヤホヤの夫婦だって、10年後には大体冷め切ってるじゃないですか、あれです。あれはフェニルエチルアミンが分泌されなくなった結果です。

 

そんな感じで、人間のホルモンの働きを知れば、人間の感情を理解したり、恋愛を支配したりできるわけですな。

つまり、操りたい人間を操作したりだとか、できるんじゃね?的な感じです。

 

お分かりいただけたでしょうか?

 

とりあえず、彼女がいる男性の皆さんは彼女のおっぱいもんでプロラクチンでも分泌させてあげればいいんじゃないでしょうか。

爆発しろ☆

 

それでは。

 

合わせて読みたい

モテる人とモテない人の会話の違い【具体的な話し方を解説!!】 趣味の合う彼氏彼女の作り方!【実体験を交えながら、大学生が解説】 男女ともに絶対的にモテる性格が明らかになった件【研究にて実証済み】 男女別!一番モテる年齢は何歳なのか?【アメリカの研究で明らかになったこと】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です