【Click!】Amazonで買って良かった超おすすめな商品20選!!【生活が変わる!】

【PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話】を読んだ感想・レビュー

 

 

どうも、ディズニーアニメ大好き芸人です。

大人こそ見るべき!おすすめディズニー映画8選!【ほんとに子供向け!?】

 

特に、僕はディズニーよりPIXAR(ピクサー)の作品の方が好きなんですけれども。

 

先日、「PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話」を読みました。

 

この本では、

ピクサーがいかにして「トイストーリー」という名作を生みだしたのか?

そもそもピクサーとはなんなのか?

どんな波乱万丈を乗り越えてきたのか?

 

的な話がストーリー形式でまとめられている本でした。

めちゃめちゃ面白かったです(小並感)

 

ということで、この本を読んで、

・学んだこと

・「へ~っ」と思ったこと

・感動したこと

 

などについてまとめておこうと思います~!!

 

そもそもPIXARとは

そもそもPIXARとはなんなのか?

 

僕たちのイメージでは、「トイ・ストーリー」や、「モンスターズインク」、最近では、「リメンバー・ミー」を作ってる凄いアニメーションスタジオ。ディズニーとの違いはよく分からん。

 

って感じだと思います。

 

wikiから引用すると、PIXARとは、

ピクサー・アニメーション・スタジオ(Pixar Animation Studios)は、アメリカ合衆国の映像制作会社。

CGを用いたアニメーションを得意とし、CGIアニメーションを産業とする。また、ピクサーはレンダリング用のソフトレンダーマンの開発者でもある。1986年2月3日創立。本社はカリフォルニア州エメリービルにある。略称は「ピクサー」や「ディズニー/ピクサー」。2006年5月5日より、ウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社である。

 

ということで、もともとは、ディズニーの元にいたわけじゃないんですよね。今はディズニーの子会社だけれども。

 

元々は、1979年にルーカスフィルムがニューヨーク工科大学からエドウィン・キャットマルを雇用し創立したコンピュータ・アニメーション部門。

 

で、そんな部門の一部だったピクサーは、1986年、あのアップルのスティーブジョブスが買収して、「ピクサー」として完全独立して会社になったわけです。

 

しかし、当時は、まだ完全にアニメーション制作会社じゃなくて、CGをメインとした映像制作会社。

その事業の一部が、長編アニメーション部門だったわけですよ。

 

で、その長編アニメーション部門で作られていたのが、「トイ・ストーリー」なわけです。凄くざっくり説明すると。

 

そんな昔のピクサーなんですけれども、昔は、赤字垂れ流しのボロボロ会社だったそうで、まじで倒産寸前だったそうです。

 

じゃあ、どうやってそんなボロボロピクサーの運転資金を賄っていたのかというと、なんと、スティーブジョブスのポケットマネーだったんですよね。

 

しかも、トイストーリー完成間近ぐらいまでの、赤字額はなんと5000万ドル。日本円にしてなんと50億円。

そんな莫大なお金を出していたスティーブジョブスハンパねぇ。

しかも、そんな赤字を抱えているのにも関わらず存続している「ピクサー」とは…

 

っていう状況で物語は始まります。

 

 

ボロボロのPIXAR。どう立て直す?

 

そんなボロボロ状態なPIXARを立て直すべくやってきたのが、この本の筆者である「ローレンス・レビー」さん。

 

当時、赤字額は50億円。

しかも、アニメーション制作会社じゃなくて、ただの映像制作会社だったピクサー。

どの事業を、どう生かしていけばいい?

資金調達はどうしよう?

人材はどうやって集めよう?

社内政治はどうしよう?

気難しいスティーブと会社の中をどうやって取り持つ?

 

的な感じで問題は山積み。というか、もはや絶望的でございます。

そんな状況の中から、問題を着実に、一つずつローレンスさんは解決していきます。

 

そのピクサーの絶望とか希望とか情熱がまじりあった当時の空気感だとか、登場人物の心理描写とかが凄くリアルで。

本を読んでいると、1994年当時にタイムスリップしたかのような感覚に陥ります。

 

 

絶望から立ち上がっていく王道ストーリーが熱い。しかもこれがほんとにあったことだから凄い

 

今でこそPIXARと言えば、大ヒット作品を連発しまくる化物アニメ会社なわけですけれども。

 

しかし、当時はこんなにも絶望的な状況にあったんやな~

と思わずにいられません。

 

しかも、会社を立て直すにあたっての決断の一つ一つが紙一重で、少しでも道を踏み外していたら、今のピクサーはなかったんやなぁ、って感心しまくり。

 

トイストーリーが生まれるまで、こんなにもたくさんの困難があったんだなぁ、っていう。

ファンなら嬉しすぎる裏話までてんこ盛りでした。

 

ボロボロな会社から、一気に超大手アニメーション会社になるまでっていうストーリーなんですけれども。

これがほんとにあった話なんだから、凄いなと。

しかも、登場人物たちもジョブス含めて、凄く素敵です。仕事したくなる。

 

アニメーションが作られているのって、やっぱり監督とか声優さんとか、アニメーターとかが注目されがちなんですけれども。

財務だとか、弁護士だとか、そういう裏方あってこそ、あんなに夢のような素晴らしい作品が出来上がるんだなぁ、って感心しっぱなしでした。

 

【PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話】は、アニメファンだけじゃなく、頑張る元気を貰いたい人にもおすすめの一冊だった!

 

個人的に、PIXARの作品が好きだったので読んでみた一冊だったんですけれども。

 

  • トイストーリーが生まれるまでの裏話。
  • ピクサーの波乱万丈劇
  • スティーブジョブスの当時の様子

 

などなど、いろんな要素を含んでいて、かつそれが絶妙にマッチした素晴らしい物語【実話】だなと思いました。

この本を読んだおかげで、PIXARのアニメをより一層楽しめるようになるだけじゃなく、単純に、元気を貰えます。

だって、あんなにボロボロの状態から、復活したんだから…

 

って感じで、凄く、面白い本でした(小並感

 

では、このへんで!!

 

 

合わせて読みたい

【2019】絶対に面白いおすすめ本50!小説、教養、ビジネス、お金、恋愛系まで読書好きな20代の若者が選んでみた! Audibleのおすすめ本20選。読書好きな若者が選んでみた!【30日間無料】 大人こそ見るべき!おすすめディズニー映画8選!【ほんとに子供向け!?】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です