【Click!】Audible【オーディオブック】無料体験でAmazon3000ポイントプレゼントキャンペーン実施中【期間限定】

結婚のメリット・デメリットについて結婚したこともない学生が考えてみた

 

 

 

最近は晩婚化だったり、少子高齢化だったり、いろんな理由があって、結婚をする人が減ってきているような気がします。

 

しかし、逆に最近話題になったゼクシイの「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」というコピーが話題になったりなんかして、結婚に対するプラスのイメージを持っている人も多いんじゃないでしょうか??

 

僕は学生という身でして、結婚なんてまだまだ夢のまた夢でして、しかしですよ

 

最近なぜか結婚に対するお話を聞くことが多くてですね、僕なりに結婚というものについてあれこれと考えてみました。

 

結論を言えば、考えれば考えるほど結婚っていう制度について疑問が浮かんできました。

 

詳しく掘り下げていきましょう。

 

結婚のリスク・デメリット

結婚のリスクとかデメリットっていろいろとあると思います。

苗字を変えるときめんどくさいとか、あんまり一人になれないとか、それ以外に僕が重要だと思ったのが以下の二つ

 

1.離婚率が高い

日本の離婚率は、約35%で、結婚した夫婦の3分の1は離婚する世の中なわけですが。

 

ほーん、じゃあその3分の1に入らなければいいわけじゃね??

 

って思いそうなんだけれど、よくよく考えると、離婚っていうのは夫婦の最後の最後の手段なわけですよ。

「もう無理、本当に無理、世間体とか言ってらんねぇ、子供もいるけど、それでも離婚した方がマシ」と言って夫婦は離婚すると思うんですよ。

 

つまり、今まだ結婚している夫婦は離婚していないからと言って、夫婦仲が良好というわけではないと思います。夫婦仲は最悪だし、家庭内別居もしてるけれどいろんな事情があって離婚していないっていう夫婦もいるはず。

 

簡単に見積もって、結婚している夫婦で、仲が良好なのが3分の1、仲が悪いのが3分の1、離婚するのが3分の1、だと思います。

とすると、夫婦仲が良好な結婚確立って、3分の1と考えることができます。リスキー。

 

 

2.離婚すると嫁にお金をとられる

①で示したように、現在夫婦の離婚率は30%以上とかなり高めです。そんな中、離婚をすると、とくに男性側にはさらにリスクがあります。

それは、慰謝料に養育費、財産分与などなどあの手この手を使って奥さんは、(言い方は悪いですけれど)お金をむしり取ろうとしてくるということです。

 

ちなみに離婚する際の慰謝料は約50万円から300万円と言われています。

 

とくに財産分与という制度がキラーカードでして、離婚するときには夫婦で財産を半分ずつにわけるという制度です。

仮に奥さんが専業主婦だったらば、自分がもし500万円の貯金をしていたとしても離婚すれば半分持って行かれちゃう計算になります、凄い。

 

 

結婚のメリット

逆に結婚のメリットってなんだろうって思って考えてみました。

 

1.共働きなら収入面で安定しそう

 

個人的に結婚のメリットはこれなんじゃね??って思ってます。

仮に年収250万の二人が結婚したら、合わせて年収500万だし。

年収500万の二人だったらば合わせて1000万。けっこういいくらしできそう。

 

家賃だって食費だって折半すればいいし、一人暮らしよりはだいぶ節約できそう。

 

だがしかし、思うのが、これ普通に同棲カップルで成り立つのでは??って…うん。

 

 

2.世間体

親とか喜びそう。

あと世間体に良さそうよね。一般的に結婚って20歳から40歳の人がするもんだと思うわけですけれど、社会にでたら「結婚してるの?」みたいな質問とか飛んでくるので、それで「結婚してますよ~」、とか、「独身です~」っていうのでは前者の方が楽そう。

 

でも、世間体気にして結婚するのもどうなんだ?っちゅう話ですけどね。

 

3.非モテ救済

結婚っていう制度って、男女が一対一でつがいになって暮らしていきましょうって制度だと思うんですけれど、この制度があるおかげで、世の中の非モテは救われていると思うわけです。

 

仮に結婚っていう制度がなかったら、お金持ってたりめっちゃめちゃイケメンな人が大量の女の子をかっさらっていくみたいな世の中になっていたんじゃなかろうか。

 

結婚という制限があるおかげで、男一人に女一人っていう配分がなされるので、僕たち凡人でも誰か女の子一人ぐらいとは結婚できる可能性が高くなるわけです。

 

逆に言うとモテる者にとって良い制度なのか??と言われると…うーん。

 

結婚する必要は果たしてあるのか?

理屈で考えると、結婚のメリットとデメリットを比べたとき、デメリットの方がめちゃめちゃ大きい気がするのは僕だけでしょうか??

 

多分結婚っていう制度にもう限界が来ているんだと思います。

ひと昔前までは、女性が働きにくい社会で、かつ男性だけの収入だけで家族がまかなえるような時代だったからこそ、結婚という制度は有効に機能していたんだと思います。

男は外で働きお金を稼ぎ、女は家事と育児に専念する。だからこそつがいになって生きていく。きわめて合理的です。

 

 

しかし、現代はどうでしょう。

男一人では家族を食わせていくのが難しくなっており、さらにだんだんと女性が働きやすい社会になってきて、女性は男性に養ってもらう必要もない。だから、つがいになる必要はうすれてきている。

 

だから、合理的に考えると、結婚の必要性ってまじでなくなってきている気がする。

 

現代の結婚の意義は感情的なもの

だから、現代の結婚ってほんとに恋愛の延長線上なものなんですよね、きっと。

 

この人と一緒に生きていきたい。楽しそう。支え合っていけそう。

 

だから結婚する。

 

あと「結婚=幸せ」みたいな価値観とか、「大人になったら結婚する」みたいな今までの常識とか、世間体とか、そういう曖昧な感情でみんな結婚してるんじゃね??って思う。

 

好きっていう感情って凄くもろいものだと思っていて、価値観が変わったりとか見た目が変わったりとか、どちらかが浮気をしたりとか、大切なものや人を傷つけたりとか、そういうことがあったりしただけで簡単に人って好きじゃなくなると思うんですよ。

そもそも人間の愛情ホルモン(恋愛感情)が持続するのって3年ほどって言われてるわけですし。

結婚したらもう愛情ホルモンなしでその人と一緒に暮らしていかないといけないわけで。そりゃセックスレスになるわ。

 

というわけで、結局結婚に対するディスりになってしまったわけですけれども。

この結婚という制度、マジで限界が来ているとおもっている僕なんですけれども、そういえばヨーロッパでは籍を入れない結婚、「事実婚」が主流になってきているみたいですね。人間の関係なんてほんとに不確実なものなので、事実婚っていう手段は凄く合理的。

 

 

日本でもこれから「事実婚」、主流になっていくんじゃね??って思います。

僕も「事実婚」なら、興味あるかも。

 

とりとめない記事になってしまいましたが、あなたは結婚したい派ですか??したくない派ですか??

 

それでは。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です