【Click!】Audible【オーディオブック】無料体験でAmazon3000ポイントプレゼントキャンペーン実施中【期間限定】

恋人を誉め続けると何が起こるの?良いことあるの?考

 

恋人を誉めるといいことがある!!

みたいなのがネット上でプチブームっぽい。

実際僕も恋人を誉めることは好きです。

誉めることは良いことです。

人を誉めると相手も気持ちい。

良いことをしたと自分も気持ち良い。

まさにwin-winです。

ここまでは、まぁ、常識の範囲ですよね。

でも、「誉める」って気持ちが良い効果があるだけじゃなく、もっといろんな効果があると思うんです。

人は、誉められた通りの人間になる。

f:id:hanpennnn:20180118165728j:plain

これは、言い変えれば、「人は言われたとおり」の人間になるということです。

これは心理学でいう「一貫性の法則」です。

人はブスと言われる続けるとどうなるのか。

自信がなくなる

雰囲気が暗くなる

猫背になる

目を合わせなくなる

自信がないのでブスはブスらしい服を着ようとする

できるだけ目立たないような地味な恰好をする

ブスはブスらしい振る舞いをしなくちゃいけないんじゃないかと思う

自分はブスだ。だからブスらしくないといけないんだという一貫性を持つわけです。

つまり、ブスがブスと言われるとさらにブスになりやすいというわけです。

ブスの負のサイクルです。

一貫性と大学デビュー

f:id:hanpennnn:20180118165822j:plain

高校時代は地味だった人が、大学に入ってから急に垢ぬけたなんて話はよく聞きます。

これは、「人の持つ一貫性」と深く関係しています。

高校のクラスにいる「地味なキャラクター」というイメージが根付いた人が、急に垢ぬけたらクラスの人間はびっくりするし本人も相当勇気やエネルギーが必要です。

「地味なキャラクター」というレッテルと、その人自身の変化に一貫性のズレが生じるからです。

しかし、高校から大学に行くにあたって人間関係は大きく変わります。

クラスでの「地味なキャラクター」という一貫性を気にする必要はなくなるので、その人は「大学ではきらきらしたキャラクターになりたい」と髪を染めたりメイクを始めたりするわけです。

つまり、人の変化には、一貫性がかなり絡んでいるということです。

人は可愛いと言われ続けるとどうなるのか

話は戻って、逆に、仮にブスな人が可愛いと言われ続けるとどうなるのでしょうか。

自分は可愛いと自覚(錯覚)する

自信を持つ

自信をもってしゃべるようになる

猫背が治る

可愛い人らしい振る舞いができるようになる

可愛い人らしいメイクをする

可愛い服を着るようになる

結果:もっと可愛くなる。

というわけです。

人には「一貫性が備わっています。」

人から可愛いと言われるにも関わらず、鏡の中の自分がブスだった場合、そのズレを直すべく、行動を起こしてしまうというわけです。

可愛いのプラスのサイクルですよ。

あなたの周りに、注意深く顔の造形を観察したり、写真でみたりしたらあんま可愛くないけど、実際会ってみたらなんか可愛い人いたりするんじゃないでしょうか。

その人は、可愛いプラスのサイクルに入ってる人だと思われます。

男性に置き換えると、いわゆる雰囲気イケメンです。

よく見たらイケメンじゃないのに、なんかカッコよく見える人です。あれです。

恋人を誉めると意識が高くなる

僕も実際、恋人によく誉められます。

「かっこいい」とか「優しい」とか。

そういわれると自信が湧いてくるし、「カッコいいと言われるからには自分を磨かねば!」と気が引き締まるし、「言われるからにはもっと人に優しくしなければ!!」と思います。

つまり、「かっこいい」「優しい」という言葉に対して一貫性のある人にならなければと思うわけです。

同様に、僕の恋人も「可愛い」と誉め続けているうちにだんだん可愛くなってきている気がします。

少なくとも、髪型とかメイクとか、そういうとこから意識が高くなっているのを感じます。

つまり

誉める=相手をプラスの方向に意識させる

ということですね、はい。洗脳みたいですね。

でも、僕自身誉めることは一種の洗脳だと思ってます。

恋人を誉めることは気持ちが良いし、よりプラスの方向に磨きがかかる。

だから、「誉める」っていうのは人が思っている以上に効果のあることだと思ってます。

いいことしかないな??

だからあなたも今日から恋人の良いところを見つけては誉める習慣をつけてみてはいかがでしょうか??

では、今日はこのへんでっ!!

ほめる生き方

ほめる生き方

  • 作者: 西村貴好
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2012/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です