【Click!】Audible【オーディオブック】無料体験でAmazon3000ポイントプレゼントキャンペーン実施中【期間限定】

2018年流行るバンドKing Gnu。トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイルで我が道を行く。

 

おはようみなさん、音楽、聞いてますか。

僕は元気です。嘘です。

突然ですが、留年の決まった大学生が年末年始実家に帰るとどうなると思いますか。

そうです、皆さんのご想像の通り地獄です。

とくに親戚の集まりね。励まされたり怒られたり多少するんだけど、何より皆が腫物を扱うかのように距離感をとって地味に気遣ってくれるところとか最高に辛い。もういっそ馬鹿みたいに罵ってくれよぉ、バカにしてくれよぉ。って感じです。

ぶっちゃけばあちゃんがめっちゃ心配してたのが一番つらかった。。。

ごめんよこんなだめ孫で。。。。

早く下宿に帰りたい。親戚づきあいなんてしないで引きこもっていたい。

愚痴はほどほどにしといてですね。気分転換に音楽の話でもしましょうよ。ぼかぁ病んで病んで辛いんで。

ということで2018年の音楽シーンはどうなってくるんでしょうかね。

2017年はやっぱり僕の中ではマイヘアと星野源の存在が大きかった印象です。

皆さんはいかが??

当ブログ新年1発目の記事は今年めちゃくちゃ伸びそう、というか伸びて欲しい。いや、流行るんじゃね?いや、これはもう流行る!!という僕の願望のつまったバンド、「King Gnu」のご紹介です。

我が道を行く

www.youtube.com

2017年って、ネバヤンとかヨギーみたいなレトロ風味なバンドだったり、マイヘアとかクリープハイプみたいな歌詞重視若者の憂鬱を描く系がいわゆるトレンドだったと思うんですが。

どうよ。これ。どのジャンルにも属さない新しいスタイルですよ。我が道を行くですよ。

しかも純粋にかっこよいときた。エロさとアンダーグラウンドさと熱さとオシャレさを持ってるとか。

こういう個性の強いバンドって中途半端だと流行りものじゃないから新規のファンを獲得するのってなかなかな難しいと思うんですけど、これはもうクオリティが圧倒的過ぎる。オリジナリティで言えば米津玄師並みのポテンシャルを持ってるんじゃないかと。

トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル

www.youtube.com

音楽好きな人ってわりと聞いた音楽をジャンル分けしてドヤりたくなりがちなんですけどそういう人って顔面ぶんなぐってやりたくなるくらい嫌な顔してますよね。

まぁ、僕のことだし自分でブーメラン投げて何いってんだって感じなんですけど。

キングヌーの音楽はマジでそういうやつらを困らせるタイプの音楽。ジャンル分けに困る。

なんなんこれ??

と思って調べたらば、本人たち曰く「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」だそうです。

覚えておきましょう皆さん。今年はこのワードをよく聞く年になるかもしれません。

DTMっぽさ全開でありつつ、いろんな音楽を混ぜ込み、それでありながら歌モノバンドとしての軸がある。全く新しい音楽を彼らは今後も提供してくれるでしょう。

「King Gnu」2018年要チェックです。

Tokyo Rendez-Vous

Tokyo Rendez-Vous

2 Comments

cuLo

明けましておめでとう!。2017年は個人的にサチモスだったなぁ(ミーハー)。トーキョーニューミクスチャースタイル…絶対順番間違える自身、あると思います。
ことよろ~。

返信する
hanpennnn

くおさんコメントありがとうございます!!サチモス2017年の前半大活躍のとしでしたね!!今年もよろしくお願いします!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です