【Click!】Amazonで買って良かった超おすすめな商品20選!!【生活が変わる!】

「DAOKO…打上花火の人でしょ?」と思っている人、間違ってないけど間違ってるぞ。

 

あるアーティストが一つの作品を発表し、それがメガヒットを飛ばしたとき、そのアーティストのイメージはその作品に収束しがちだ。

星野源といえば?と聞けば大多数の人が「恋」と答えるだろうし、アジカンといえばいまだに「リライト」だし、ラッドなら「前前前世」だろうか。

昔からのファンからしてみれば、その作品はそのアーティストの数多くの名作のうちの一つに過ぎないのだけれど、やはり作品がヒットを飛ばせばその”知名度”が先行して、大衆の中で作者のイメージを形作ってしまうことがままある。

西野カナとか会えなくて震えてる人とか言われていたし。

最近はトリセツのイメージに塗り替えられてきているけれども。

DAOKOの「打上花火」もその良い例だ。

(さらに…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です