【Click!】Audible【オーディオブック】無料体験でAmazon3000ポイントプレゼントキャンペーン実施中【期間限定】

前の恋人がいなかったら、今の恋人を好きになっていなかっただろう。

 

【ご報告】彼女ができました。

なんだよリア充かよ、ふざけんな死ね爆発しろ。

そう思う方もいるだろう、すまんな。

なんだよ、惚気かよ、ふざけんなはげろちんこもげろ。

そう思う方もいるだろう、すまんな、惚気です。

これは惚気であり、自慢であり、備忘録です。僕の今の心境をまとめておくためのノートだ。すまんな。

この記事で何を語りたいかっていうと、「前の彼女がいなきゃ、新しい彼女と付き合うことはなかっただろうなぁ」、ということである。

My Hair is Badの「恋人ができたんだ」という曲がある。

www.youtube.com

完全に今の自分の状態に当てはまってて感動すら覚えるんだけど。

でも もしも君を好きにならなかったら

今の恋人も好きになっていなかったんだろう

ってところが好き。全部好きなんだけどさ。

今の彼女は特別可愛いってわけじゃないかもしんないけど、

夢中になれる趣味があるとことか、音楽の好みが合うとことか、人の気持ちをちゃんと考える繊細な心を持ってるとことか、素晴らしい友達に囲まれてるとことか、そういうとこが好きだなぁ。挙げればキリがないんだけど。

ただ、数年前の自分がその子に出会っていたらきっとその魅力に気づいていなかったし、彼女も自分のことを好きにはならなかっただろうなって思う。

前の彼女とは楽しい思い出もあるけど、嫌な思い出もあって、思い出すだけで心がきゅっとするんだけど、付き合っていたことは決して無駄なことじゃなかったんだなぁって。

結婚以外の恋愛になんの意味があるのか。

そう思うことがあるんだけど、人と恋愛するのって想像以上に人を成長させるものだ。

前の彼女と付き合う以前の僕は、うぶ過ぎて、もうそれはそれは純粋で。垢ぬけてなかった。今もあか抜けてないけど昔はもっと酷かった。

そんな僕を少しは男らしくしてくれたのは元カノだった。

「彼氏彼女とは、かくあるべき」みたいなものを良くも悪くも僕に叩き込んだのも彼女。

メンヘラの恐ろしさを教えてくれたのも、共依存の恐ろしさも、恋人以外に夢中になれるものを持つことの大切さも教えてくれた。

将来のことなんて予測はできないけれど、確かに僕はそうやって、良い人を見極めるための目は養われたと思う。そう信じたい。少なくともメンヘラとは付き合わないだろう…。メンヘラに対する抗体はできた。

ただ、デメリットも多少ある。

それは、良くも悪くも「お付き合いに慣れてしまった」ということだ。

告白して、デートして、ハグして、キスして、セックスして。

そういうのを一旦経験してしまったせいか、もう、なんていうか、手慣れた感がある。

とってもしょうもないことだけど、でもやっぱりそういうのって大人の階段を上るドキドキ感みたいなものがあるじゃないですか。

地図だけ持って道なき道を進む手探りなドキドキ感とか、憧れみたいなものをもう味わえなくなってしまったと思うとちょっと寂しい。ほんとささいなことだけど。

いろんなことを知って、失敗して、慣れて、平らになっていく。

大人になる、年をとるっていうことを恋愛でも実感している。

とはいったものの、まだ付き合って一周間もたってないんですけどね。

つか、自分の中で付き合うことの意味すらよくわかってないし、付き合うことに対して疑問を持っていたり、否定をしたりする自分もいるわけで。

友達以上恋人未満の関係が一番楽しくて、大切な時間だと思う。 – はんぺんのブログだよ。

恋人欲しいとか言ってるやつは、恋人持ち生活の不自由さを知れ。 – はんぺんのブログだよ。

じゃあなんで付き合ったん?って感じなんですけど、それはまたいつか語ります。たぶん。

これからお互いを取り巻く環境や態度、心境はこれからどんどん変化していくし、直ぐ終わるかもしんないし終わらないかもしれないけど、今の自分の気持ちはこんな感じ。

いぇーい、未来の自分見てるー?

そしてこの文章を読んでるそこのあなた、僕はこんな恋愛をしているよ。そっちはどうだい??

では、今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です