【Click!】Amazonで買って良かった超おすすめな商品20選!!【生活が変わる!】

「デッドエンドの思い出」を読んで、よしもとばななの圧倒的な情景描写に感動した。

 

自分の語彙力のなさとか、表現力のなさに絶望しているので、とにかく本を読まなきゃという使命感に駆られ、たまたま実家にあったよしもとばななの「デッドエンドの思い出」を手に取った。

「友達にその本を読んでいるんだという話をしたらば、よしもとばななと言えば『キッチン』が有名だよね。」

という話を聞いたので、今度よんでみようと思う。

デッドエンドの思い出は5つのラブストーリーの入った短編集だ。どれも大なり小なり切ない。あとがきにて著者は強烈過ぎて心が痛めつけられるかもしれないと語っていたが、僕はあまり心は揺さぶられなかった。僕はそういう点ではあまり感受性豊かではなかったのかもしれない。まぁ、読者の読むタイミングとかコンディションとかでそういうのって左右されるよね。

(さらに…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です