【Click!】Audible【オーディオブック】無料体験でAmazon3000ポイントプレゼントキャンペーン実施中【期間限定】

片思いは決して無駄ではない。いや、むしろ必要不可欠なもの!

 

皆さんは、片思い、したことありますか?

相手のことを思って頑張ってはいるけど、なかなか振り向いてはくれない。

両想いになることができないときは辛い。

実らない間の恋なんて、無駄なんじゃないか。

そう思うかもしれない。

でも、決して片思いは無駄なんかじゃありません。

いや、片思いは義務教育と言ってもいいかもしれない。

相手を思いやる気持ち

f:id:hanpennnn:20170401174516j:plain

片思いの時間って凄く怖い。

まず両想いになれるかどうかも分からないし、相手はまたほかの誰かのことが好きなのかもしれないし、気持ちはいつも不安定。そこで自然と、相手のことをずっと考える。

相手にこんなことをすると傷つけるかもしれない。

相手にこんなことをすれば喜びそう。

相手はなにをすれば自分のことを好きになってくれるんだろうか。

そんな感じで 好きな人がいるときって、その人が好きで好きでたまらなくて、嫌われるのが嫌で、そしてなにより自分の気持ちよりも相手のことを第一に考えると思うの。

だから、どうすれば相手が気持ち良いか。

どうすれば相手が自分のことを好きになってくれるのか。

を考える。

ひたすら考える。その人を思えば思うほど。

で、そういう時間って、めちゃくちゃ大事。

この、相手のことを気遣うということ、これが片思いで身につけることのできる最大のスキルであり、恋愛で学べることの一つ。

恋をすれば人は成長するとは言いますが、片思いも自分が成長できるチャンスなんですね。

 もし、片思いをしたことなかったら?

イケメンや美人だったり可愛い子たちの中には、なんの恋愛的な努力をすることもなしに告白されて、恋人が途切れない人もいる。

でも、そういう人たちは付きあう期間が短かかったりするもの。

それはなぜかというと、”他にも付き合ってくれる人がいると思うから”という理由のほかに、”片思いをしていないから”だ。

片思いをせずとも、異性はほいほいよってくる。相手の気を引く必要もない。だから相手の気持ちを考える必要もない。必要ないから考えないし、学ばない。

振られるという恐怖心の薄い”片思いをしたことのない人たち”は、わりと平気で上から目線の態度で自分のしたいようにやる。自分の気持ちの良いように振る舞う。そして自分の思い通りにならなかったり、相手と意見が食い違えば怒る。そして自分から振るか、相手が愛想を尽かして振られるか。である。

片思いをしたことのない人は、もしその人のことが”好き”だとしても、気遣いを知らない。

その人からしてみれば、相手は自分のことが好きだという状況は当たり前だからだ。

最初からモテる人より、片思いしたことある人の方が強い

f:id:hanpennnn:20170401175033j:plain

最初からモテる人っていうのは付き合うまではいけても、それを継続することはなかなか難しかったりする。なぜなら相手を思いやるスキルが低いから。

でも、片思いの経験があるだけで、そのスキルが備わっているので、付き合っていく上でのトラブルは少なくなりやすい。

そして、その相手の気持ちを考えるスキルが役立つのは恋愛だけではない。

恋人の他にも、友人、学校や職場の先輩や後輩などとの人間関係にも応用できる。

恋人の気持ちを考えるということは、つまり人の立場に立って考えることができるということだ。

そんな、人の心をちゃんと考えることをできる人間がいるとしよう。

あなたは放っておきますか?

僕は絶対にお近づきになりたい。相談とかのってくれそう。話すだけで癒されそう。

つまり、そういうことである。

片思いをして、人を思いやる心を持ったならば、きっとあなたの好きな人の心を動かすことができるだろう。いや、万が一できなかったとしても、そんな人間を皆が放っておくようなことはしないだろう。

そこで、片思い卒業である。

だからこそ、片思いは決して無駄なんかじゃない。むしろ必要なものなのである。

片思いをしてるならば、もっと考えよう。その人のことを考えて考えて、思考は堂々巡りをして、辛いかもしれないけど。その辛さは、あなたが成長している証なのだから。

片想い

片想い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です