大人こそ見るべき!おすすめディズニー映画8選!【ほんとに子供向け!?】

 

皆さん、ディズニー映画、見てますか。

「ディズニーねぇ、どうせ子供向けでしょ??」

「昔は見てたけどねぇ…」

「アナ雪ぐらいしか見てないや。」

って人、結構多いと思います。

しかし、天下のディズニー。侮らないでいただきたい。

なんで僕が侮らないでいただきたいとか自慢げに言っているのか。そんなこと言える立場にあるのか。とかそういう突っ込みは抜きにしてマジでディズニー映画は凄い。見て。騙されたと思って見て。

ということで、今回は「大人も楽しめるどころか、これほんとに子供向け!?」と思わずにいられないぐらい大人も楽しめる作品を紹介します!

ズートピア

f:id:hanpennnn:20180606231427j:plain

簡単に言えば、うさぎとキツネ版「相棒」。

f:id:hanpennnn:20180606231448j:plain

ディズニーのイメージと言えば、「スイーツ映画(笑)」「単なる子供向けでは?ww」

っていう人が多いと思うんですけど、そういう人にはぜひ一度ズートピアを見てその概念をぶっ壊してほしい。

一見可愛い動物たちがたくさん出てくるアドベンチャー。しかし、蓋を開けてみれば子供向けとは思えないほどの厚みを持った緻密なシナリオと、人間社会の痛烈な風刺になっていたりと、とにかく注意してみればみるほど情報量が半端じゃない!

それゆえに、考察もめちゃめちゃ捗るよ!

まさに子供向けの皮をかぶった大人のディズニーです。

インサイドヘッド

f:id:hanpennnn:20180606231519p:plain

人間の頭の中を舞台として、そこに住む「喜び」「悲しみ」「怒り」「嫌悪」「恐れ」といった5つの「感情」を題材とした映画です。

キャラデザで損してるだろうディズニーナンバーワンっ。

ほんとにキャラクターが幼児向け感マックスなのよねこれ。

「あ~、こりゃ子供向けだわ~。キャラデザがダセェ。大人が見るもんじゃねぇなこりゃ。」

と思いのそこのあなたに正拳突きを食らわせたい。

これむしろ大人向けだからなっ!?

ダサすぎるキャラデザを前にめちゃめちゃエモくなって泣くまでがデフォ。

よくぞ感情を擬人化し、こんなに素晴らしい脚本に仕上げてくれたなっ!?って思うこと間違いナシの傑作なので、ぜひ多くの大人に見て欲しい。

レミーのおいしいレストラン

f:id:hanpennnn:20180606231612j:plain

亡き天才シェフに憧れて、フランス料理のシェフになることを夢見るネズミ「レミー」と、冴えない見習いシェフ「リングイニ」が、パリでいちばんの料理人目指して頑張るお話。

とりあえずレミーが可愛い。可愛いに尽きる。

そしてリングイニのなよなよしてて冴えない男感が最高に共感できます。童貞臭さが良きです。

やっぱり冴えない男が主人公のお話って、なぜかそれだけで引き付けられるよね、自分に重ねてるから?うるせえ。

レミーとリングイニの成長劇であり、友情のお話でもあります。シンプルに元気が出ます。

シュガーラッシュ

f:id:hanpennnn:20180606231654j:plain

舞台はなんとゲームの世界。

主人公は、アーケードゲームの悪役。

ゲームの世界が舞台なだけあって、クッパやソニックやパックマンなどいろんな見たことのあるキャラクターが出てきます。

ゲームのキャラクターがゲームの世界観でどう物語を展開していくのか?

悪役はいつもどんな気持ちでゲームでその役を演じているのか?

というのがやけにリアルで、思わず現実世界のゲームでも、悪役の裏の気持ちを考えてしまいます(笑)

設定は面白いのですが、キャラクターがなんせ子供向けなので敬遠されてしまいがちですが、お話自体はかなりいろんな要素が詰め込まれておりかなり考えさせられます。

悪役であり、嫌われ者であり、しかし、ほんとは健気な主人公ラルフがヒロインヴェネロペと心を通わせ懸命に彼女を守ろうとする姿にグッときます。

カーズ

f:id:hanpennnn:20180606231717j:plain

ほんと、ディズニーは擬人化が上手いなと・・・!!

これこそ大人向けだろと思わずにいられない。

多分、あなたはこの映画をただのカーアクション映画だと思ってるかもしれないけれど、全然違うんです。

この映画は主人公マクウィーンの成長物語であり、ルート66というアメリカ独自のポップカルチャーのお話でもあるんです。

キャラクターの見た目が可愛いだけに、ブイブイ系のカーアクションを想像させられます。いや、確かにアクションも凄いんですけど。

この映画、とにかくエモい。エモいんです。哀愁というか郷愁というかセンチメンタルというか。古き良きアメリカを描いた作品ともいえます。

ファインディング・ニモ

f:id:hanpennnn:20180606231750j:plain

クマノミ親子の冒険。

お父さんクマノミが、ニモを探すお話です。

か弱いニモが行方不明になってしまって、お父さんとしてはめちゃめちゃ心配なのですが、ニモはそんな心配をよそに一人のお魚として成長していきます。

まさに「子離れ」を描いた作品でもあります。

お父さんの子供を思う気持ち。子供がお父さんを思う気持ちが、繊細にかつドラマティックに描かれていて、自分が子供を持ったらまた見方が違うんだろうな~とも思ったり。

また、10年以上前の作品なのにも関わらず、めちゃめちゃ綺麗な水の表現にうっとりします。

多彩なお魚キャラクターも、めちゃめちゃ研究したんだろうなっていうぐらいそれぞれ動きや振る舞いが特徴的で、そんな特性を上手く物語上に反映しているところもまたうまいなと。

モンスターズ・ユニバーシティ

f:id:hanpennnn:20180606231832j:plain

モンスターズインクは、もはや語る必要はない名作だし、みんなどうせ見てるでしょう?

僕はユニバーシティも大好きです。

名作、モンスターズインクの前日談。

誰もが憧れる職業怖がらせ屋。

そのプロになるべく、モンスターたちは大学に通って勉学やトレーニングに励みます。

主人公はマイクとサリー。

怖がらせ屋にはいろんなスキルが必要なのですが、やっぱり大事なのは恐ろしいルックスです。しかし、マイクには残念ながら小さくて丸くて弱弱しい緑色の球体です。

人間の子供には「可愛い」と言われる始末。

「もう自分には才能がないのかもしれない・・・」憧れの怖がらせ屋になろうと必死に勉強して大学に入学したにもかかわらず、圧倒的な才能という壁の前に、マイクは絶望します。果たして、マイクは怖がらせ屋になることができるのか・・・。

子供向けの映画ながらにして、才能と夢と現実に対して真摯に向き合った作品です。

 トイストーリー3

f:id:hanpennnn:20180606231904j:plain

もちろんトイストーリー1も2も面白いのですが、3はほんとに泣ける。

もちろん前作含めて鑑賞しても面白いのですが、もちろんこの作品単体で見ても絶対感動できます。

子供は大人になり、おもちゃを卒業していくもの・・・という前作までのテーマに真っ向から向き合った、まさに大人向けのトイストーリー。

もちろん、ドキドキハラハラ、アクションあり笑いありの極上エンタメとしても評価が高いです。

鑑賞後は、押し入れからおもちゃを引っ張りだしてまた遊びたい気持ちにかられます。

思い出しただけで涙腺が…

なんで、こんなに大人も楽しめる作品が多いの??

ここからは”おまけ”なんですが、なぜこれほどまでに「大人向けすぎじゃね!?」と思わずにいられないくらい大人も楽しめる作品が多いのか。

天下のディズニーだからさ!!

という一言で済ませるのもあれなので考えてみました。

そもそも、ディズニー映画のメインターゲットは子供なわけですが。

なので、子供が見て飽きないような派手なアクションシーンや、王道なストーリー。ハッピーエンド。可愛いキャラデザになっているわけです。

しかしながら、その子供に映画を見させるのは大人です。

「パパ、ズートピア見たい!!」

「しゃあなし、連れてってやるか…」

的な感じでその子供を連れて劇場やってくる大人がいるわけですよ。

ということで、単純に計算してディズニー映画の視聴者の半分が大人と言っても過言ではないです。いやむしろ一人で映画を見にやってくる大人もいるでしょうし、するともはやディズニー映画の視聴者の半分以上が大人説が打ち立てられるわけです。

なので天下のディズニー、そんな大人達を置いてけぼりにしていくわけがなかった。なんせ半分以上のお客様が大人。子供が楽しめたとしても、それでは大人は退屈ですし、そもそも映画に評価を下すのは大人。

なのでむしろ、天下のディズニーというブランドを保つためにも、大人も子供も楽しめる作品でなければなりません。

ということで、ディズニー映画は表向きでは「子供向け」という皮をかぶりつつ、実は大人もターゲットにいれているのである。

いやむしろ、「これが…子供向け??」と思わずにいられないぐらい考えさせられる作品も生まれてしまってます。

ディズニー映画って、子供向けっていうイメージであるがゆえに、大人は、

「どうせハッピーエンドなんでしょ?」

とか

「お決まりの展開でしょ?」

とか、

「子供向けな表現しかできないんでしょ?」

とか思って、敬遠しがちなんですよね。

だから子供が連れてけと言わない限りあまり見ようとは思わない。

しかし、ディズニー映画ってむしろそんな「子供向け」であるという制約の中でいかに面白い作品を作るかっていう挑戦をずっとしてて、そこがむしろ楽しむポイントなんですよね。

ほんと、舐めてかかるとやられます。

いつも「ハッピーエンド」、「お決まりの展開」、「子供向け表現」etc…というガチガチの制約の中でよくこんだけ面白い作品作ったな!?と驚かされます。まじで。

終わりに

ということで、僕が、「大人こそ見るべきだな!」と思ったディズニー映画を紹介してみました。

ぜひ、「子供向け」というイメージに縛られず、いやむしろ、「子供向け」というルールの上で、ディズニーというブランドを掛けて、大人たちが莫大な予算と多彩な頭脳を集積させ、手間暇掛けて本気で作った「”大人”の映画」として、ぜひ鑑賞してみてください!!

それではっ。

【関連記事】
【2018年版】おすすめアニメ映画30選!泣けるものからアクション、SFまで幅広く紹介!! ディズニー映画を無料で視聴するには??【動画配信サービス】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です