MENU

運営者情報

 

名前:はんぺんぎん

音楽と映画とアニメを愛してやまないサブカルヲタな大学生

自分の”好き”を発信したり布教したりするのが大好き!

インターネットの霞を食べて生きたい。

【おかげさまで100万アクセス突破☆】

【Click!】Amazonで買って良かった超おすすめな商品20選!!【生活が変わる!】

米津玄師「アイネクライネ」の歌詞の意味とか感想とか。好きな人がいるときってマジで幸せだよな。

 

 

どうも。通りすがりの米津玄師ファンです。

 

ということで、今回は超今更ながら、名曲「アイネクライネ」の歌詞の考察とか、個人的な感想を語っていきたいと思います。

 

米津さんの曲は凄く抽象的で、曖昧で、だけど心にぶっ刺さるくらい具体的で、沢山の人に不思議とぶっ刺さる感じで。

解釈は凄く人それぞれ自由にできるものだと思います。しゅごい。

 

そんな中で、僕が「アイネクライネ」を聴いてみて、いつも感じている歌詞の意味とか、考察とか感想とかをここに書き記しておきたい。

 

一個人の、「アイネクライネ」の感じ方として、参考にして頂けたらと。それでは行ってみよう。

 

歌詞の意味を考えてみる

 

あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに
当たり前のようにそれら全てが悲しいんだ
今痛いくらい幸せな思い出が
いつか来るお別れを育てて歩く

 

しょっぱなから、神歌詞です。

やっぱり、好きな人に出会ったとしても、「お別れ」からは逃れられないもので。

若いころの恋愛っていうのは短命に終わることが多いので、当然のことながらお別れは付き物だし。

もし、好きな人と結婚できたとしても、一生一緒にいると誓ったとしても、最後には「死」というお別れが待っていて。

 

で、めちゃめちゃ好きな人と一緒にいて、めちゃめちゃ幸せだとしても、幸せであれあるほど、「お別れの時」っていうのはめちゃめちゃ辛いものになるんですよね・・・。

 

そういう意味で、好きな人との出会いっていうのは残酷だし。

好きな人と一緒にいればいるほど、凄く幸せなんだけど、「お別れ」っていうのを想像して、切なくなってしまうという経験は誰しもあるのではないでしょうか??

 

誰かの居場所を奪い生きるくらいならばもう
あたしは石ころにでもなれたらいいな
だとしたら勘違いも戸惑いも無い
そうやってあなたまでも知らないままで

 

人と恋愛するのって、ある種イス取りゲームみたいなもので。

付き合うのって、ある種誰かの居場所を奪うようなもので。

 

もし自分が好きな人と付き合うということは、その好きな人が付き合うであったっだろう別の人の席を奪うっていうことでもあるんですよね。

 

好きな人のことを好きであればあるほど、

「僕は、あの人と付き合っていいんだろうか?

釣り合っているんだろうか?

幸せにできるだろうか?

他にもっとふさわしい人がいるんじゃないだろうか?

 

それならいっそのこと付き合わないで、他人になってしまった方がいいんじゃないだろうか??」

 

みたいなことを考えて不安になったりしませんか??

 

だから、もういっそのこと最初から他人同士の関係がよかった。

好きになったり、好き合ったりしなかったら、こんな不安とか戸惑いとか葛藤とかもしなくてすんだのに・・・。

って思ったことありませんか!?

 

僕はある・・・っ!!

 

少なくとも米津さんもあるみたいです。

 

あなたにあたしの思いが全部伝わってほしいのに
誰にも言えない秘密があって嘘をついてしまうのだ
あなたが思えば思うよりいくつもあたしは意気地ないのに
どうして

 

人は結局他人同士っていうか。

人は結局分かり合えないっていうか。

 

自分の感情とか、自分の嫌いな過去とか、自分の思いとか、コンプレックスとか、全部好きな人に知って欲しい。

ありのままの自分を受け入れて欲しいとは思う。

 

けれど、全部をあなたに伝えてしまえば、あなたに嫌われてしまうかもしれない。

てか、十中八九嫌われちゃうでしょう。

やっぱり、人間関係っていうのは、あるていど、自分を見繕って、嘘をちょっとだけついて、建前で成り立ってるものなんだなと。

 

で、あなたのために見繕ってる自分。嘘をちょっとつく自分は、本当は弱虫で。

コンプレックスだらけで、醜いものなんだけど。

 

あなたは私のことをめちゃめちゃ愛してくれる。

どうして、あなたはこんな自分のことを好きって言ってくれるんだろう??

不思議過ぎるよ。人間って不思議。好き。

 

消えない悲しみも綻びもあなたといれば
「それでよかったね」と笑えるのがどんなに嬉しいか
目の前の全てがぼやけては溶けてゆくような
奇跡であふれて足りないや
あたしの名前を呼んでくれた

 

感情の爆発だよね。

恋愛してたら、ラブラブな時期があって。

この記事を読んでいるあなたが、現在進行形でラブラブ期なのか、それは過去形なのか、未来形なのかは知らんけど。

 

相思相愛な状態ってめちゃえめちゃ幸せよな。マジで奇跡だと思う。

 

「目の前の全てがぼやけては消えていくような」

 

好きな人と一緒にいるとき、涙が出るくらい幸せって意味もあるんだろうけど、

同時に、目の前に積もっている現実とか、悩みとか、問題とか、人間関係とか、コンプレックスとか過去とか、そういうのも全てどうでもよくなるよな。ぼやけるよな。っていう意味も含んでるんだと思う。

 

・・・歌詞が、うますぎる。

 

あなたが居場所をなくし彷徨うくらいならばもう
誰かが身代わりになればなんて思うんだ

 

好きな人が、不幸せなとき。

「そんな不幸を誰かが身代わりになればいい」

なんて残酷なことも考えてしまったりする。

 

今 ささやかで確かな見ないふり
きっと繰り返しながら笑い合うんだ

 

好きな人と付き合ってるとさ、いろいろ見えてくるじゃないですか。

嫌いなとことか、受け入れられないとことか、許せないとことか。

 

付き合ってる中での、現実的な問題もいろいろある。

好きな人と一緒にいるときは、凄く幸せだけど、その背後には現実的な問題が転がってる。

仕事がだるいとか、めんどくさい人間関係とか、お金の問題とか、将来がどうなるかだとか。

 

そういう問題。

 

解決するのは面倒だから、見ないふりをして、とりあえず今だけは笑い合って。

今の幸せをかみしめておくんですよね。

 

 

何度誓っても何度祈っても惨憺たる夢を見る
小さな歪みがいつかあなたを呑んでなくしてしまうような
あなたが思えば思うより大げさにあたしは不甲斐ないのに
どうして

 

あなたとの将来をどうシュミレーションしたとしても、不安はなくならない。

好きな人であればあるほど、お別れを想像したりとか、フラれる事を考えてしまったりとか、てか、最終的には、「死」っていうお別れが待ってるし。

もういやになるな。

 

でも、そんな不安症な自分も愛してくれるんですよね。好きな人ってやつは。

 

 

お願い いつまでもいつまでも超えられない夜を
超えようと手をつなぐこの日々が続きますように

 

僕たちが生きてる現実っていうのは、言ってしまえば地獄みたいなもんですよね。

終わらない仕事とか、人間関係とか、家族問題とか、もう挙げればきりがないほど問題山積みで。

「終わらない夜」っていうのはそんな問題山積みな現実っていう意味で。

 

そんな残酷な現実を、あなたと手を取り合って超えていこうとするような日々が、むしろ続いて欲しいみたいな。

毎日生きるのしんどいけれど、そんな日々をあなたと生きていくのがむしろ幸せみたいな。

 

閉じた瞼さえ鮮やかに彩るために
そのために何ができるかな
あなたの名前を呼んでいいかな

 

そんな問題山積みな現実が辛くて。辛過ぎて目を背けたときでさえも楽しくなるように。

そのために私は何ができるだろうか??

その手助けをしていいかな??

 

産まれてきたその瞬間にあたし
「消えてしまいたい」って泣き喚いたんだ
それからずっと探していたんだ
いつか出会える あなたのことを

 

とにかく生きるのって地獄よねって話で。

生きるのってまじツレェよな。って話で。

 

誰しも「死にたい」なんてこと1mmぐらいは考えたことあるでしょ??

 

で、そんな辛い日々の中で、好きな人に出会えることを期待したりなんかしちゃったりしてた。

 

消えない悲しみも綻びもあなたといれば
「それでよかったね」と笑えるのがどんなに嬉しいか
目の前の全てがぼやけては溶けてゆくような
奇跡であふれて足りないや
あたしの名前を呼んでくれた

あなたの名前を呼んでいいかな

 

生きるのは辛い。現実逃避したい。問題山積み。

そんな地獄の中、好きな人に出会って、一緒にいたら、「人生生きててよかった」って思えるのがどんなにうれしいか。

 

涙で溢れるぐらい、あたしのことを好きだと言ってくれるあなたと出会えてほんとに嬉しいし幸せです。マジで奇跡だと思う。

 

こんな私だけど、あなたのことを好きになって良いかな??

 

 

あとがきとか感想とか

 

というわけで、歌詞の意味を考えてみたりしました。

 

僕個人的には、

「自分に自信のない私と、めちゃめちゃ自分のことを愛してくれるあなた。」

みたいな歌だと思ってます。

 

好きな人のことを好きすぎると、ほんと、問題山積みな現実がどうでもよくなるよね。

好きな人と抱き合ってると、まじで現実問題がぼやけて、ただ幸せって感情溢れるよね。

 

で、好きな人が自分のことを好きって言ってくれると、

「ほんとにこんな自分で釣り合ってるのだろうか?」って思ったり、

「こんな人でも、最後はお別れしちゃうんだろな・・・」って想像して死にたくなるよね。

 

僕はこんな感じでこの曲を解釈してるけれど、でも、やっぱり人それぞれ恋愛の経験って違うから、またいろんな感想が出てきそうです。

完璧な歌詞の意味っていうのは、米津さんがきっと知っているんだろうけれど、ただのリスナーである僕にこれだけ共感を産ませる「アイネクライネ」はマジで名曲だし、やっぱり米津さんパネェって感じですよね。

 

では、今日はこの辺にしておきます。それでは・・・!!

 

created by Rinker
ユニバーサル
¥2,176 (2019/09/17 03:01:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

合わせて読みたい

米津玄師 「Flamingo」を聴いた感想。まさかの演歌が意外にマッチ!カッコよすぎて死亡【フラミンゴ】 米津玄師「Lemon」解説と感想。やっぱり彼は失恋ソング職人だと思う。 まさに才能の塊、米津玄師の音楽性について解説する。 ハチ(米津玄師)の曲はなぜ魅力的で、なぜ圧倒的な人気を獲得できたのか?? 【2019】人気おすすめラブソング50選!名曲から定番なものまで恋愛曲を厳選してみた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です