はんぺんぎんのブログだよ。

音楽、映画、アニメ、人間についてはんぺんぎん独自の視点で情報発信するブログ。

【ネタバレ有り】レディプレイヤー1感想!!めっちゃ面白かった!!【映画見た人向け】

f:id:hanpennnn:20180420180522j:plain

 

 

スピルバーグ監督最新作、レディプレイヤー1、見てきました!!!

一言で言えば最高の娯楽映画でした。

もう、スピルバーグ監督大好き過ぎますありがとうございますって感じです。

 

ということで以下感想。

ネタバレ全開の感想なので映画見た人向けです。

 

 

ネタ、豊富すぎィ!!

しょっぱなからデロリアン。AKIRAのバイクです。この時点で鳥肌立って、もう夢の競演過ぎて泣いたよね。もはや感謝しか感じなかった。

からのティラノサウルスやら、キングコング。

終盤のガンダムにアイアンジャイアント、メカゴジラ。

常に、ちょいちょい画面に映るキャラクターが多すぎて。目が忙しいです。

キティちゃんとかケロケロけろっぴもいて、そんなとこまでコラボする!?みたいな。

画面がキャラで覆いつくされてて、ほんとに字幕読んでる暇がなさすぎる。

 

映画やゲーム、アニメなどのサブカルチャーオタクであればあるほどこの映画はきっと楽しいでしょう。

 

僕なんて出てくる作品をほとんど鑑賞済みだったり知っていたりしたので終始興奮しっぱなしでしたっ!!

 

 

ダサい未来感が良い仕事してる

 

2045年。VRゲームが浸透した世界が舞台。

見た人なら分かると思うんだけど、ゲームをプレイしている人の姿がダサいのなんのって。

VRゴーグルをつければ、その世界に入り込める感じがするんだろうけど、床はベルトコンベアだし。

そこは結構アナログなのね!?

っていう描写がたたありました。

 

そういう「昔の人が想像した未来」チックな世界観がファンタジー感を演出しててよきですよね。バックトゥザフューチャーとかも、今から見れば凄く滑稽だけど、あのダサさが良い味出してるしそれと一緒ですね。

f:id:hanpennnn:20180420180244p:plain

 

レディプレの「CGの映像はめちゃめちゃリアルなのに、現実世界は結構アナログでダサい」

そういうギャップよ。IOIの社長のパスワードだけは紙に書いとくとことかタマラン。

 

ダサさとカッコよさのカオス感。そして昔の人の想像する未来感がヴァンヘイレンの「Jump」とベストマッチしてて凄く良きでした!!!

www.youtube.com

 

また、そういうバカっぽさが、物語上の強引さとか、敵の頭の悪さとか、SFで気にされがちな理論上のおかしさとか、観客にとってのノイズになりがちなことを上手く隠しているので、

「まぁ、そこまでリアルを気にしちゃだめだよね。むしろお約束だよね。」

ってちゃんと思える。

あの未来とダサみの共存してる世界観は凄く良い仕事してたと思います。

 

 

 

日本のカルチャー多すぎっ

f:id:hanpennnn:20180420180757j:plain

出てくるキャラクターに、日本のキャラクターの多いこと多いこと。

どんだけスピルバーグ監督日本のこと愛してるんだっ!?

と思いきや、原作の「ゲームウォーズ」の作者・アーネストクラインが好きっぽいですね。

AKIRAバイク、ガンダム、ゴジラなどなど、日本のカルチャーがこんだけハリウッドで大暴れしてくれてるのを見るととても嬉しいし、日本人として誇らしいなと思いました。

というか原作はもっとニッチな日本のキャラクターを扱ってて、アーネストクラインさん何者!?って思いました。

 

 

ちゃんと深いメッセージも

 

ただの娯楽アクション映画としての側面だけではなく、VRゲームが人々にとってどんな存在になりうるか??みたいな未来だったり、「仮想世界も良いけど、現実も良いものだよ」みたいなメッセージも込められてて、さすがだなぁと思いました。

 

 

ただ・・・

この作品にはいろんな映画や、アニメ、ゲームのキャラクターが登場し、それらの作品が見事にクロスオーバーしてる素晴らしい作品なわけですが、ネタ映画なだけに、万人におすすめできるかと言われたらそうでもなく。

 

特に映画「シャイニング」の世界なんて、今の若者からしてみれば「??」って感じなのでは。

僕は最近奇跡的に見てたから「おーっ!!シャイニングじゃん!!!」ってテンション上がりましたけど、見てない人からしたら「??」って感じじゃないのかなぁって思ったりしました。原作者のスティーヴン・キングと監督キューブリックとの対立エピソードも、映画オタクしか知りえないはずだし。

 

でもまぁシャイニングに関して言えば、エイチがシャイニング未視聴の観客の気持ちを代弁してくれてたのではないではないかと思ったりもする。

 

ネタのオンパレードに、

「おぉ!!これこそ映画が大好きな僕のために作られた映画じゃないかっ!!」

って終始感動する自分もいつつ、

「このネタを楽しめる人って、どのくらいいるんだろ...そういう人が見るこの映画はどう映ってるんだろう??楽しめるのかな??」

という気持ちも見てて感じました。

 

まぁ、映画の設定上そういう映画になってしまうことは仕方がないんですけどね(笑)

 

 

総評:レディプレイヤー1は、映画オタクなら絶対楽しめる作品だった!!

 

まぁいろいろ語ってきましたが、レディプレイヤー1が最高の映画であることに変わりはないでしょうっ。

初代ジュラシックパークや、バックトゥザフューチャーのような、ドキドキワクワクのアクションアドベンチャー大作として申し分ないです。

 

もー、理屈抜きにして好き!!大好き!!

 

とくにデロリアンとAKIRAバイクのカーチェイス、メカゴジラとアイアンジャイアントとガンダムの戦いのシーンが僕は凄く好きでしたねぇ。最高過ぎました。

 

あとシャイニングのシーンね。エレベーター前に双子の少女がいて、血が噴き出してくるシーンとか、裸のお姉さんがおばさんに代わるお風呂のシーンとか映画ファンとしてにやりとせずにはいられなかったよね。

 

久しぶりに極上のエンタメ作品を見れました!!

ありがとうスピルバーグ監督・・・!!!

 

続編の可能性もあるということで。しかもウルトラマンも出るかもしれないということで。あと原作ではエヴァンゲリオンも登場しているとのことで。

 

続編作って欲しさしかないですね...!!!

 

それではっ!!