はんぺんぎんのブログだよ。

音楽、映画、アニメ、人間についてはんぺんぎん独自の視点で情報発信するブログ。

米津玄師「Lemon」解説と感想。やっぱり彼は失恋ソング職人だと思う。

f:id:hanpennnn:20180227223034j:plain

 

www.youtube.com

 

ストリングスが特徴的

僕がこの曲をきいて最初に思ったのは、「ストリングスによる音圧が凄い」ということ。

弦楽器が加わることで一気に壮大でメジャーな曲に仕上がったなと。やはりドラマの曲だけのことはあるなーと。

今までの米津玄師の曲にはなかったアレンジですよね。

 

 

メロディの起伏と歌詞の連動が芸術的だとは思いませんか???

 

サビに注目してみましょう。

 

あの日の"悲しみ"さえ あの日の"苦しみ"さえ

という強調したい部分の音が高くなってかつスローテンポになるようなとことか。 

 

そのすべてを愛してたあなたとともに

あ”な”たっていうところで一番音が高くなって大事な存在だった「あなた」がさらに強調されるとことか。

 

残り離れない 苦レモンの匂

雨が降りやむまでは帰れな

今でもあなたは私の光(ひか

 という風にしっかり韻を踏んだりとか。

 

こういう風にメロディと、歌詞の音のリズムとか起伏を連動させるのが上手いです米津さん。韻もちゃんと踏んで基本もしっかりと抑えてる。

 

 

このように、この曲、歌詞も結構シンプルだし、ひっかかりを持たせるようなところはあまりないかもしれませんが、シンプルな歌詞をしっかりと聞かせるギミックが随所に散りばめられてるんじゃないでしょうか。

 

やっぱりギターの不協和音感が上手いなぁと

1番、2番両方ともギターの音が入ってるんだけど、米津玄師お得意の不協和音気味な音作りだ。

 

www.youtube.com

上のviviのように、初期の米津玄師の曲では、不協和音を巧みに操るってイメージが強かった。

 

viviでの不協和音ほどではないけれど、lemonでも、心の不安定さや絶望みたいなものを巧みにギターで表現できていると思う。

 

 

失恋ソング職人、米津玄師

www.youtube.com

 

米津玄師って失恋ソングの名曲がめちゃくちゃあって。さきほどののviviや、アイネクライネ、メトロノームなどなど、ほんとに米津玄師は失恋ソングを作るのが上手い。

 

例えばメトロノームが、恋人同士の波長を表していたりとか。

 

今回のlemonもそうでしょう。恋は甘くて酸っぱいというけれど、失恋ばかりは甘さなんてなくて、酸っぱいだけです。

 

「あなたは私の光」っていう言葉がサビ終わりに繰り返し登場するんだけれど、

光=黄色=レモン

のような式も考えてみたり。

 

米津玄師のこういうギミックが好き。

 

また、米津さんの不協和音作りが、失恋ソングととても相性が良いっていうのも、僕が「米津玄師、失恋ソング職人説」を唱える所以です。

 

過去の踏襲と、新たな挑戦を感じさせる名曲

不協和音ギター、米津流失恋ソングなど、しっかり米津玄師らしさを持ちつつも、ストリングスを大きく取り入れたりと新しい挑戦も盛り込んできたなぁと。

ドラマの曲だけあって、凄く聞きやすい曲です。だから米津さんらしい突飛なことを望んでいた人には物足りない印象を最初は抱いてしまうかもしれません。

けれど、しっかりメロディの歌詞の載せ方とか音作りを聴いてみると、やっぱり情報量が半端じゃない曲だなと。

 

個人的な主観ですが、やっぱり米津玄師、失恋ソング職人説、あると思います。

 

それでは。

 

www.hanpen-blog.com

 

Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)

Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)