はんぺんぎんのブログだよ。

音楽、映画、アニメ、人間についてはんぺんぎん独自の視点で情報発信するブログ。

僕がタバコを吸わないのは、タバコを吸えるほどかっこいい男じゃないから。

 

 

 

なぜ人はタバコを吸うのだろうか。

 

僕はタバコを吸う人間じゃないから、タバコの本当の魅力は分からない。

 

その魅力を想像するとしたら、美味しいとか、カッコイイとか、周りの人に勧められたからとか、そんなところだろうか。

 

だが、そんな魅力とは引き換えにデメリットはたくさんある。

 

タバコを吸うにはお金がかかるし、健康に悪いし、匂いがきついし。

 

 

そんな僕でも、周りの人間がタバコを吸う人ばかりだと、さすがに「ちょっと吸ってみようかな」という気にならなくもない。

 

でも、そういうとき、いつも自分に問いかけるのだ。

 

「おまえはタバコを吸えるような人間か?」と。

 

タバコを吸う男はカッコイイ?

 

確かにタバコを吸う男はカッコイイ。

 

f:id:hanpennnn:20180224044443j:plain

 

これ。この感じよ。男らしさよ。ハードボイルド。

 

タバコを吸っている人は、誰しもこういう男に憧れて吸ってるんじゃなかろうかと思う。

 

確かに、イケメンがタバコを吸っている姿はカッコイイ。

 

f:id:hanpennnn:20180224044628j:plain

 

だが、よく考えて欲しい。

 

この画像のふたり。普通にタバコを吸わんでも元からカッコイイはずじゃねーかと。

 

つまり、「タバコを吸ってる人間がカッコイイ」わけではなく、「タバコなんて吸わずともイケメンはイケメン」という事実がただあるだけだ。 逆に言えば、「タバコを吸っても吸わんでもブサメンはブサメン」である。

 

ほら、タバコを吸ってるあなた。ぜひタバコを咥えて鏡の前に立ってほしい。

 

真実を、確かめて欲しい。

 

 

 目の前にいる人間の吐いた息が目視できる恐怖

f:id:hanpennnn:20180224052832j:plain

これは個人的なタバコに対して持っている嫌な気持ちなんだけどさ。 

 

タバコの煙って目視できるじゃないですか。あれ、怖くない??

 

だって、人の吐いた空気が見えるわけですよ。透明だったらまだ分かんないけど、目視できるっていうのが、怖い。

 

想像してください。

 

おっさんの吐いた息があなたの身体に吹きかけられる様子を。しかもタバコの臭いつき。

 

 

さすがに面と向かって自分の吐いた煙を自分に吹きかけてくるような人には遭遇したことないですよさすがに。

 

でも、普通に居酒屋とかさ、近くにタバコ吸ってる人いたらモクモクって飛んでくるじゃないですか。

それって、他人の吐いた息じゃないですか。

他人の吐いた息が目の前にあるわけですよ。しかも煙付き。

 

おっさんの吐いた息とかできれば吸いたくないし、てかそれが自分の肌に触れているという実感が嫌なんですよね。

 

あと歩きタバコしてる人の後ろを歩いてるときとか最悪ですよ。顔面に煙が当たらざるを得ないですからね。必死に僕は避けます。

 

 

周りに迷惑をかけてもなお、自分のメンツが保たれるのか??

 

タバコって基本的に人に迷惑をかけるものじゃないですか。煙とか臭いとかで。

 

つまり、タバコが好きな人以外の周りからの自分の評価が下がるわけですよ。

それだけ嫌われるわけですよ。

 

別にそれを了承の上で吸ってる人は吸えばいいです。そんなのは自由。止めもしません。

 

だけど、僕がタバコを吸いそうになったときは、いつも「自分がタバコを吸ってでもなお許されるほど高尚な人間か?」と心に聞いて

 

「いや、僕はブサメンです。ブサメンがタバコを吸うなんてめっそうもありません。」

 

と思いながら踏みとどまっている。

 

タバコってきっと美味しいと思う。興味もなくもない。

 

だけど、残念ながらまだ僕はタバコが似合うような男じゃない。

 

イケメンで、博識もあって、お金持ちで、タバコがなくても魅力が溢れるような、そのぐらいカッコイイ男になれたら、その時はタバコを吸ってみようと思う。