はんぺんぎんのブログだよ。

音楽、映画、アニメ、人間についてはんぺんぎん独自の視点で情報発信するブログ。

【2018年版】おすすめ邦楽ロックバンド100選!あの人気バンドや、ブレイク寸前注目若手バンドまで一挙紹介!!③

 

f:id:hanpennnn:20180214024222j:plain

【2018年版】おすすめ邦ロックバンド100選!あの人気バンドや、これから売れるであろう期待の新人まで紹介!!① - はんぺんぎんのブログだよ。

の続き

 

 

 

 

51.NICO Touches the Walls

ミスチルの桜井さんばりにハスキーで熱い声、そして甘いマスクを持った最強のボーカル光村龍哉ひきいる正統派ロックバンド。

邦ロックとは気づかせないぐらいちゃんとした正統派な曲が彼らの魅力でしょう。

邦ロック初心者におすすめ!!ホログラムは鋼の錬金術師のOPにもなりました。
 

 

ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト

ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト

 

 

52.SUPER BUTTER DOG

ファンクを聞きたきゃまずこのバンドから聞くといいかと。

とりあえず「コミュニケーション・ブレイクダンス」は名曲なのでこれだけでも聞いてほしい。
 

 

 

53.Nothing's Carved In Stone

元エルレガーデンのギター。生形真一のかき鳴らされるギターを聴いてほしい。

この曲に関しては2サビ後の乾燥のベースもかっこよすぎます。

英歌詞初心者でも聞きやすく、シンプルにカッコイイ曲を量産しているバンドです。


 

 

円環-ENCORE-

円環-ENCORE-

 

 

 

54.Nulbarich

久保田利伸とMaroon5を足して2で割ったようなバンド。

その名前に負けない実力を持っている。

音が凄くかっちりしているバンドが好きな方はぜひ!!


 

Guess Who?

Guess Who?

 

 

 

 

 

55.OKAMOTO'S

日本を代表するガレージロックバンド,、そのまっすぐなサウンドは邦ロックという枠組みに入れておくにはもったいないぐらいカッコイイ。

歴は長いのになぜか知名度が低い。

ベースのハマ・オカモトはダウンタウン浜田の息子。という肩書などいらんくらいベースがうまい事に定評がある。星野源のバックバンドも担当してる。

 
 

 

NO MORE MUSIC(初回生産限定盤)(DVD付)

NO MORE MUSIC(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

 

 

56.ONE OK ROCK

日本を代表どころか今世界を股にかけて活躍中のワンオクロック。

昔はまだ洋楽っぽい邦ロックをしていたのだけれど気づけば完全に洋楽になっていた。

邦ロックな青臭いロックが聞きたい人は初期を、ガッチガチのプロの洋楽を聴きたい人は新しいアルバムを聴こう。


 

 

 【関連記事】

ワンオクリスナー三年以上の僕が初心者むけに選んだおすすめの10曲 - はんぺんぎんのブログだよ。

 

 

Nicheシンドローム

Nicheシンドローム

 

 

 

 

57.ORANGE RANGE

2010年代のJPOPチャートを荒らしまくっていたオレンジレンジ。

今はすっかり表舞台を去ってしまったが、まだまだバリバリ活躍している。

もはや邦ロックをしているのかどうか怪しいが、とりあえずSUSHI食べたいは名曲。


 

SUSHI食べたい EP

SUSHI食べたい EP

 

 

 

 

 

58.PELICAN FANCLUB

時期ガリレオガリレイポジションにつくのは彼らではないかとひそかに期待しているバンド。

今邦ロック界に足りないのはペリカンファンクラブのような若さとドリーミーさとサイケさを持ったバンドだと思うんだ。

 

 

 

PELICAN FANCLUB

PELICAN FANCLUB

 

 

 

59.the pillows

永遠の邦ロックバンドthe pillows。歴の割に世間的な知名度はイマイチだが、彼らに影響を受けたバンドは数知れない。

名曲「Funny Bunny」はバンプの藤原基央やエルレガーデンの細美武がカバーしているほど。

普遍的なポップさを持っていて「あぁ、、、良い。。。」理屈なしにそう思えるバンド。

 

 

 

 

Rock stock&too smoking the pillows

Rock stock&too smoking the pillows

 

 

 

60.RADWIMPS

すっかり「君の名は。」のバンドとして世間に知れ渡ってしまった彼らだが、本質は世間の逆。

刺さる人にしかぶっささらんようなマックスコーヒーよりも甘々のラブソングと、厨二心くすぶられるような歌詞とテクニカルなロックを彷彿とさせる音楽がRAD本来の魅力だと思ってます。

  

 

 

 

絶体絶命

絶体絶命

 

 

 

61.SAKEROCK

星野源(Gt.マリンバ)率いるインストバンド。星野源というネームバリューだけでも聞いてほしい。

夕暮れを連想させるような、懐かしさを感じさせるような音作りがサケロックの魅力。

マリンバを器用にポコポコする可愛い星野源にぜひ注目!!


 

 

 

SAKEROCKの季節 BEST2000‐2013

SAKEROCKの季節 BEST2000‐2013

 

 

 

62.schol food punishment

近未来感をマックスに感じるようなエレクトロバンド。

ボーカルの透明感と、電子音と、ロックなディストーションが見事なハーモニーを作っています。

10年前の曲なのに、未来感を感じさせるのが凄い。

 

 

 

 

Riff-rain

Riff-rain

 

 

 

63.SHE'S

イギリスの国民的ロックバンド、コールドプレイを彷彿とさせるピアノロックバンド。

音楽的な質だけでなく、サブカル女子の心をつかんで離さない清潔感とカッコよさをも兼ね備えているのがシーズの凄いところ。

ピアノの美しさだけじゃねぇと言わんばかりのロックなギターにも注目。
 

【関連記事】

SHE'S? どうせサブカル女子ご用達ボーカルがイケメンなだけのバンドでしょ? - はんぺんぎんのブログだよ。

WHERE IS SHE?

WHERE IS SHE?

 

 

 

64.SHISHAMO

もはや今の日本を代表するガールズバンドSHISHAMO。

昔は甘酸っぱい恋愛の歌詞をただ歌うだけの若者ご用達バンドだと思われがちでしたが、今やaikoもびっくりなぐらい歌詞が深良いバンドとして確固たる地位を確立しています。

乙女心を学びたければSHISHAMOを聴け。


 

 

 【関連記事】

SHISHAMOが影響受けてそうな音楽を勝手に考える。 - はんぺんぎんのブログだよ。

 

 

SHISHAMO 4 NO SPECIAL BOX(Blu-ray付)

SHISHAMO 4 NO SPECIAL BOX(Blu-ray付)

 

 

 

65.SPYAIR

奇をてらうこともなく、ただひたすらに真っすぐなギターロックで攻めるバンド。

王道のロックが一番難しいのにこれほど人気があるのは、一重に聞きやすくて熱い曲を彼らが作ることができるからです。


 

 

BEST (通常盤)

BEST (通常盤)

 

 

66.teto

バズリズムで取り上げられ、2018年バズるバンド第2位。 

ドリーミーで優しいサウンドと、グランジを想起させるような歪みがかった声の対比が新しい。

確かにtetoはロックを、叫びを、歌っている。
 

 

 

dystopia

dystopia

 

 

 

67.SUPERCAR

2000年代を代表するシューゲイザーバンド。ノイズ、轟音、エモ。イヤホンのヴォリュームマックスで聴くとその魅力が伝わりやすいかと。

シューゲイザーを聴ききゃスーパーカーから聞いてほしい。

この曲はエウレカセブンというアニメでも使われました。
 

 

 

HIGHVISION

HIGHVISION

 

 

 

68.syrup16g

メンヘラですか?鬱ですか?毎日死にたいとか思ってませんか?

毒には毒を、鬱には鬱を持って制しましょう。

そんなあなたにSyrup16gです。あなたの心にそっと寄り添って一緒に心ごと死んでくれます。


 

 

 

 

COPY

COPY

 

 

69.Tempalay

オッサレ。シティポップな中にもギターのディストーションによる汚しが古着のようなアングラ感を演出しててとってもオサレ。

ちょっと大人な音楽を聴きたい方におすすめのばんどです。

 ギターにも注目で、DAOKOが「歌うようだ」と評したほど。

 

 

 

 

from JAPAN 2

from JAPAN 2

 

 

 

 

70.three michelle gun elephant

90~00年代を代表する伝説のロックバンド。

Vo.チバユウスケの心の底から搾り出したような枯れた声、Vo.のサポートどころか「俺のギターをとにかく聴け」と言わんばかりに暴れまくるアベフトシのギターが特徴的なバンドです。

  

 

THEE GREATEST HITS

THEE GREATEST HITS

 

 

 

 

71.toe

クリーンなギター、歌うように叩かれるドラム、全く乗らせる気がない曲の構成、それがポストロック件マスロック。

そんなポストロック入門におすすめなバンド、それがtoe。

とくに歌うような柏倉隆史によるドラムにぜひ注目していただきたい。

 

 

For Long Tomorrow

For Long Tomorrow

 

 

72.tricot

海外でも評価の高いガールズポストロックバンドです。

ギンギンなギターと暴れるようなドラムはナンバーガール好きなおじ様にもおすすめ。

変拍子が全くノラせる気がねぇ。

 

 

 

爆裂トリコさん

爆裂トリコさん

 

 

 

73.UVERworld

ラップとロックと打ち込み音をミックスした、いわゆるミクスチャーロックでスターダムを駆け上がったバンド。「SHAMROCK」は名曲。

中期以降はサックスを積極的に取り入れたりと変化を全く恐れずに進化を続けている。

takuya∞による熱い歌詞は聞いててめっちゃ励まされます。

 

 

 

【関連記事】

UVERworldは一周回ってカッコイイバンドだよ。 - はんぺんぎんのブログだよ。

 

 

Neo SOUND BEST

Neo SOUND BEST

 

 

 

74.WHITE ASH

メガネブサイクな残念ボーカルのび太から放たれるかっこよすぎる歌声とカッコよすぎる音楽のギャップが特徴。

英歌詞はなんと響き重視の全く意味がない模様。

耳で聞いて一番気持ちの良い英語が歌われる日本人のための英歌詞ソングは必聴です。
 

 

【関連記事】

white ash が解散してしまって悲しいのでせめて紹介する。。。 - はんぺんぎんのブログだよ。

 

 

BEST ALBUM

BEST ALBUM "LOVE"

 

 

 

75.Ykiki Beat

ドリームポップ×UKロック。Foreverは名曲。

これを聴いて好きになった人はきっとアルバムも好きになれます。
 

 

 

When the World is Wide

When the World is Wide

 

 

 

 →④に続く

www.hanpen-blog.com