はんぺんぎんのブログだよ。

音楽、映画、アニメ、人間についてはんぺんぎん独自の視点で情報発信するブログ。

tofubeatsを聴いてる大学生はきっとオシャレです。カッコイイです。

 

 

カッコイイ音楽とは何か。

何の音楽を聞いているとカッコイイのか。オシャレなのか。

 

それは、モテたい男達にとって永遠の課題である。

いや、モテたくなくてもカッコイイ男でありたいというのは世の男子の日頃から考えに考えていることである。嘘です。ぶっちゃけ100%モテたい。

 

こと大学生が聴いていたらカッコイイ音楽とは何だろう。

 

音楽を聞きながら街を歩いているとき、ふとあなたは友人に遭遇した。

とりあえずイヤホンを外しながら

「よっ」

って答える。

そして音楽の再生を止めるためにポケットから携帯を取り出す。

その画面に表示されている曲は?アーティストは?なんなんだ?

 

 

ぶっちゃけRADやワンオクは中高生っぽくてダサい。

僕の大好きなマイヘアやクリープハイプは女々しいからもちろんダサい。恋愛脳かと思われるぞ。女ならメンヘラかと疑われるぞ。

Suchmossはもうみんなかっこいいって言ってる時点でダサい。

 

そこで今の僕が思うかっこいい音楽。それはtofubeatsでございます。

他にも無限にカッコイイあるけど、今回はtofubeatsです。なぜならこれはtofubeatsを紹介したいがための記事でござる。

f:id:hanpennnn:20171209002735j:plain

ポケットから取り出したる携帯に表示されているのはtofubeats。

カッコイイじゃないですか。僕なら100点満点あげちゃうわよ。いらないとかいわないでください。

 

 

まずは聞いてみましょう

www.youtube.com

どうよ??くっそかっこよくないですか??

邦ロックばっかり聞いて育ってきた諸君、これがカッコイイという概念です。お分かりいただけただろうか。

今すぐ家のタンスからバンTを捨ててスピンズやライトオンの服も捨ててユニクロでいいからもう少し大人ちっくな服着てください。ツタヤでポパイという名の雑誌を買って部屋に置け。そういう人たちの聴く音楽ですきっと、知らんけど。

MVがシュールなとこ以外いいよね。むしろなんでこんなシュールなMVなんですかっ!!

勧める僕がちょっと恥ずかしいわ!!

 

 

 

コラボ曲がキャッチーでオシャレなんだぜ

www.youtube.com

どうも、シュールなMVおすすめ芸人です。

違います。まさかこんなMVとは。知らんかったわ。

意外と脚フェチにはたまらん動画なんじゃないでしょうか。僕は2分ジャスト当たりのピンヒール足が一番エロいと思います。

 

って本筋からずれすぎィ!!

 

Egirlの元メンバーdream amiちゃんとのコラボ曲でございます。良い声してる。可愛い。

ちょっと懐かしくって、でも新しい、そんなバランス感覚が絶妙な曲だと思います。

何よりポップで聴きやすいのにオシャレなところが凄く好きです。周りでなってるシンセの音とか凄く好き。

 

 

www.youtube.com

こちらはお笑い芸人の藤井隆とのコラボ。

サビがほんとに耳に残る。思わず口ずさんでしまう曲だ。藤井さんのキャラにも凄く合ってる。

tofubeatsの魅力っていうのは繰り返しになるけど、懐かしさとポップさとカッコよさの掛け合わせのバランスが絶妙なところだと思います。

 

 

他にも森高千里とか、神聖かまってちゃんのVo.の子などなど、いろんな人とコラボしてめっちゃ良い曲量産してるのでぜひ聞いていただきたい。

 

カッコイイ音楽って、なんなんだろなぁ(今更)

想えば、聴く人の年代によってカッコイイ音楽って違うよな。

小学生ならきっと今見てるアニソンがカッコイイんだろう。

僕が中学生のときは、ボカロのこと本気で一番カッコよかったし。

高校の時は洋楽だったし。

僕のおとんは浜田省吾や小田和正のこと大好きだし。

 

年齢だけじゃない。性別、好み、その人のいる環境、もはや個人によってカッコイイ音楽は違うし尺度は違うんだけど。

 

でも、正解らしきものはあるはず。

 

カッコイイの最先端を作るのはやはり若者だと思っているので。

若者がカッコイイと思っているものは限りなく最先端にかっこいいものなんだと信じたい。

 

そんな最先端のカッコイイ音楽に敏感な僕が今回紹介したtofubeatsは間違いなくカッコイイアーティストです。ぜひ聞いてみてください。

www.youtube.com

 

それではっ

 

FANTASY CLUB

FANTASY CLUB

 
First Album

First Album