はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

女王蜂は見た目やキャラのインパクトに負けず劣らず曲も良いから凄い。

f:id:hanpennnn:20170715003257j:plain

 強烈な見た目やキャラを売りにしたバンドっていうのは、ちょっと胡散臭い気がして警戒してしまうのは僕だけだろうか??

 ほら、イケメンとか美人ってなんか中身がスッカスカなイメージじゃないですか。ヴィジュアルに助けられ過ぎて人間的な魅力は磨かれることなく成長してそうなイメージ。バラエティ番組に出てくる俳優のイケメン美女が面白くないのと同じです。まぁ畑違いだって言えばそうなんだけど。

 

 女王蜂を友人に勧められた当時の僕も、そんな不安がよぎった。だって見た目凄くないすか?なんか黒くない??黒くない??黒人ハーフですか??ヴォーカルのアヴちゃんもきれいな顔してるし。あっ、これ、ヴィジュアル系だ。真の意味でのヴィジュアル系だっ!!って思いました。

 

 

意外と見た目に負けてない音楽だった

www.youtube.com

うーん、うん、うん。悔しいけど結構好き。見た目のインパクトに負けない曲のインパクト(衝撃)。てかアヴちゃんスタイル良すぎな。パリコレのモデルさんか何かですか。やっぱ見た目のインパクト凄いわ。オーラが凄いわ。曲めっちゃ良いけど、ボーカルの顔よく見たらそんなにイケメンでもないバンドとは違って、曲とバンドのイメージが釣り合ってて凄いと思います(語彙力)。

 

 

これが本物の両声類ってやつですかい

www.youtube.com

 この女声的な何かは裏声に限りなく近い発声だと思うんだけど、ちゃんと真の通った声が出ている。これ、裏声出してみるとわかるんだけど相当難しいテクニック。俗に言うミックスボイスだ。こんなに綺麗な女っぽいミックスボイスを出せるのはなかなかいないですはい。そして何と言っても中性的な声の人が女の子っぽい声を出すのとは違ってちゃんとアヴちゃん漢っぽい声も出せるのが凄い。男じゃないよ、漢だよ。

 そしてなんと言ってもMVで男役も女役もこなせるヴィジュアル強度よ。しかも注目して欲しいのは女装によくあるダボットした服を着て体のラインを誤魔化していないところ。スキニーチックな服を着て体のラインがはっきりと出ているのにも関わらず女の子にしか見えない。てかアヴちゃん女説あるな...。

 

 

声の高低の対比が気持ち良い

www.youtube.com

 揺れるドラムのおっぱいがたまりませんな...。おっと失敬。

 歯切れのよいギターのカッティングがたまりません。ギターの音に注目して聞いてもらえると凄く気持ち良くなれる一曲だと思います。

 そしてやはり注目して欲しいのはボーカル。音域がすんごい。高音と低音の対比な。サビ前の「We are dancing~」らへんの明らかに意識した漢の声。からのサビ。

 

あぁ 言葉遊びはいいから~

 

のとこ。こと"ば”のところ。ふつうに軽々と1オクターブ上げて歌ってる。さらりとしすぎてなんの違和感もないけど、新しい。そして聞いてて気持ちい。ここが新しいなって。曲全体の裏声と地声の対比この高低差っていうのがこの曲の魅力です。というか、アヴちゃんもとい女王蜂の楽曲全体の魅力です。

 

 

食わず嫌いはダメだね

女王蜂のジャンルはロックやらグラムロックやらディスコ歌謡だそうな。

ロックバンドがディスコ歌謡をやっちゃうのって新鮮じゃないですか??

 強すぎる見た目はさながら毒キノコのようですが、それにビビッと来た人はふつうに聞いてみるのは良いことだし、僕みたいに警戒しちゃうような人は思い切って食べてみると良いと思います。死ぬぜ。。。いや、死なないけど。音楽はどれだけ聞いても死なないからこそ、なんでも飛び込んで見るもんだなって思いました。やっぱ食わず嫌いはダメだね。変な見た目のきのこは食べちゃダメだけど。

 

それではっ!!

 

 

Q

Q