はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

「6歳のボクが、大人になるまで。」を見た感想を書きなぐる。【ネタバレあり】

f:id:hanpennnn:20170608234904j:plain

 

ツタヤのヒューマンドラマのお勧めコーナーにずっと置いてあってなんとなく気になっていた本作。

やっと見ました。

 

いやぁ、これ絶対泣けるやつだわー、なんとなくそんな気がするわー。

パッケージから溢れる感動のヒューマンドラマ感。泣こう、今日は感動の渦に巻き込まれよう。

 

って思って見たら全然違った。

 

本作は2002年から2013年まで計12年間ずっと同じ俳優によって撮影された映画だ。

主人公と、その家族が体験する日常を描いた物語。

主人公の男の子を中心にある家族の動向をずっと見守る映画です、はい。

 

Q.泣ける??

 

A.いや、とくに。

 

とにかくリアル

僕が一番感動したポイントは主人公のリアルさだ。

6歳のシーンから始まるんだけど、そのときテレビに映っていたのはドラゴンボールだし。

主人公がやってるゲームね。小学校のときはゲームボーイアドバンスだし、中学校あたりはxboxとかwiiだし、めっちゃ懐かしい。

高校あたりからだんだんゲームに興味をなくしていく感じ、俺かよ。

あと中学高校で声変わりしだしてからぼそぼそしゃべるようになったり、急にクールな感じで髪伸ばしたり、無口になったりする感じとかな、俺かよ。俺じゃね??って思った。あぁいう成長の仕方って世界共通なのかな?それとも主人公と世代が一緒だから??

親のしかり方とかもめっちゃリアルだしな。

お父さんの方はおちゃらけてて、でも主人公に結構寄り添ってくれるとことか、お母さんはめちゃめちゃしっかりものだし説教してくるとことかもめちゃめちゃリアル。うちの親かよ。

 

あと年上の姉との二人兄弟っていうとこも僕と一緒。

小さいころは姉ちゃんとばっか遊んでたし、だんだん年をとると姉ちゃんと遊ばなくなるけど大事なイベントのときとかは姉ちゃんいるとことかもリアル。我が家か。

 

 

お父さんが良いキャラ

序盤ではお父さん、良い人ではあるんだけど完全にダメ男って感じだったんだけど、物語全編にわたって主人公に寄り添ってくれるもんだから好感度爆上げです。イケメンすぎる。

音楽が大好きで無職なところとかは、日本でいう売れないバンドマン的な感じなのかな?

ビートルズが大好きなところとかもうちの父さんとドンピシャすぎる。いや、というかあの年代の人ってみんなビートルズ好きだったのかな。とにかくビートルズ好き過ぎて自分でベスト作って息子の誕生日にあげちゃうとことかな。完全にうちのおとん。ベスト盤まではいかんけどCDくれたりしたしな。ありがとうおとん。酒大好きなとこも、あと昔の約束忘れてるとこもおとんあるある。

 

 

アメリカ文化の勉強になった

自分たちのに通う部分がある中で、やっぱりアメリカだなーとか思う部分もあるわけで。

とりあえずアメリカいろんな意味で成長早すぎな。お酒を飲む年齢とかマリファナとか、初体験とか、とにかく早い。あとめちゃめちゃ大人びてんな。

あと離婚してすぐ再婚しちゃうとことかもアメリカあるあるなのかな??

お父さんも離婚してるし、お母さんも2回か3回離婚してるし、たしかアメリカって離婚率高かったよなぁ。でも、なんだかんだ最初の夫婦が一番いい組み合わせだったんだなぁって思う。お父さんほんと良い人。たぶんあの夫婦が離婚しちゃったのって、結局タイミングとか波長なんだろうな。ってお父さんも言ってたし。

 

 

総評:なんだか自分の人生を振り返った気持ちになる映画だった。

主人公が6歳の状態から、大学入学までを描くこの映画。そして僕も丁度大学生。

主人公と世代もほとんど一緒、ゲームとかの世代も一緒。家族構成とかその他もろもろも一緒。

懐かしさしかなかった。思春期のあの垢ぬけない(今の僕もあか抜けないけど)なんとも言えない感じを思い出した。リアル過ぎる。エモい。

 

最後らへんの

「私は結婚、出産、離婚、結婚、離婚、子育てと人生の重大なイベントはほとんどこなしてきた。あと残されているのは葬式だけ。こんなに人生が短いだなんて思わなかった(泣」

主人公が、大学入学に向けて、実家のアパートを出るシーンでお母さんが言った言葉。

確かに。人生って案外短いものなのかもしれない。だって映画の12年間でそのほとんどの人生のイベントを消化してしまう。

さらに言えば、人間の生まれてからの20年間と、そのあとの死ぬまでの体感時間は同じ。っていうし。え、僕も22なんですけど。もう折り返しすぎちゃってる、絶望かよ。

 

人生って短いなぁ・・・(遠い目

 

とは言え、まだ僕の人生には就職とか結婚とか子育てとか残ってるしまだ絶望するのは早いな、うん。

映画の中の主人公の人生は18でストップで、その先はわからない。

僕はまだ22歳。当然未来はわからない。けど、このままふつうに行けば今度は主人公のお父さん視点になって、この映画を見ることができるかもしれないと思うとまたさらに面白いな。

 

2、30年後にまた見ようと思います。

 

 

おわり。