はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

僕はナンバーガールというバンドが理解できない。

 

みなさんは、ナンバーガールというバンドをご存じだろうか??

f:id:hanpennnn:20170421234233j:plain

知らない人のために ざっくり説明すると、1995年から2002年に活躍したオルタナティブロックバンドだ。

一部の人たちにはカルト的な人気があって、2000年代の邦ロック史を語る上では欠かせないバンドだ。

 

 

でだ、このナンバーガールというバンド、何が凄いって、今現在活躍している邦ロックバンドに与えている影響が半端じゃないのだ。

アジカン凛として時雨、baseball bear、きのこ帝国などなど、あげればきりがないほどに影響を与えているバンドです。

で、今現在もその影響力は残ってて、僕の大学の軽音サークルでも頻繁にナンバガのコピーが盛んに行われているし、きっとこれから生まれてくるバンドにも少なからず影響を与え続けていくことだろう。

 

僕とナンバーガール

僕とナンバーガールとの出会いは、確か中学三年生の頃。従兄が好きすぎて、音楽に興味を持ち始めた僕が従兄が一番好きなバンド教えてと言ったときに紹介してくれたのがきっかけだ。彼はナンバガのドンピシャの世代だったものだから、おすすめしてくれたのもうなずける。

 

で、僕が初めて聞いたのがこれ↓

www.youtube.com

・・・・なんだこれ。。。

ごめん、難しすぎる。

とりあえず歌詞がわけわからんし、聞き取りにくいし、メロディも独特過ぎるし。

ボーカルのヴィジュアルもお世辞にもイケメンとは言えないし。

 

 

こんなののどこがええんや。。。従兄頭おかしいんちゃうか。。。

 

 

これが僕のナンバガに対する第一印象。

今の僕からして思うに、まだポップスしか聞いたことのなかった僕にはナンバガはきっと早すぎたということだ。

ただ、僕は、確信的な良さはわからなかったけど、このバンドが鳴らす音楽から、謎の緊張感は感じていた。

 

でも、最初からこいつの良さが分かった人は単純に凄いと思います。

僕にはわかりませんでした。ちなみに同世代のバンドならエルレのほうを最初は好きになっちゃいました。

 

あれから数年経ちました

www.youtube.com

あれからいろんな音楽を聞いてきた。

いろんな知見を得て、またこうしてナンバーガールを聞いてみるけれど、やっぱり良さが理解できない。いや、理解できないじゃないな。感じる迫力を言語化できないというか。

 

オリジナリティで溢れすぎてる。

 

歌詞はいまだに理解不能だ。ドラムが刻むビートも独自だし、ギターはカッターナイフみたいだし、ボーカルはたまに叫んでるし。

 

ただ、僕が思うに、ナンバーガールの魅力ってこの意味分からなさなんじゃないだろうか?

中学のときに出会った謎の緊張感。それがこのバンドの唯一無二の魅力なんじゃないだろうか??

と思う。

 

あと、和のテイストと、ロックの融合が凄いのはなんとなくこの年になってわかるようになってきました。

 

和のテイスト、切り裂くようなギター、遠くで叫ぶボーカル、ハチャメチャドラム、粗削りな録音。

これが僕にとってのナンバーガールのオリジナリティ。唯一無二。

それらが交わって、音楽となって、僕の鼓膜を震わせたとき、謎の感情が浮かび上がってくる。

 

ナンバーガールはやっぱり難しい

www.youtube.com

僕は、先に挙げたアジカンや、ベボベ、きのこ帝国なんかは好きで、その音楽の良さはすぐに理解できた。すぐに「好き」ってなった。

ナンバーガールに関しては、まだそれが難しい。

 

ただ、昔よりかは好きになれているのは実感している。

またこうして、いまだに動画を見たり、アルバムを流したりしているのだから。

 

いつかまた、蒔いた種から芽が出るように、ナンバーガールの良さが理解できる日が来るのかな。

理解したいな。いや、僕はもう既にナンバガの虜になっているのかもしれない。

たまに、思い出したように聞きたくなる、聞いては良さがなんとなく見えてくる、なんとなく好きになる。

 

それが僕にとってのナンバーガールです。

 

ではっ!今日はこのへんでっ!!

 

 

 

OMOIDE IN MY HEAD 1 ~BEST&B-SIDES~

OMOIDE IN MY HEAD 1 ~BEST&B-SIDES~