はんぺんのブログだよ。

京都に住んでる大学生のブログ。書きたいことを気の向くままにが基本スタンスだが、最近は音楽成分が高め。

【恋愛】違うから嫌いになる。違うから好きになる。

 f:id:hanpennnn:20170220162201j:plain

僕と彼女

僕には1年ほど付き合っている彼女がいる。

 

彼女は僕より一つ年上なんだけど、身長が低くて童顔。一言で言えば幼い。

その見た目の幼さに比例するように、彼女には子供顔負けの真っ直ぐさがある。

 

好きな人は好き、嫌いな人は嫌い。

 

好きな人に対してはスキスキー!って感じだけど、それ以外の人に対してはテンションダダ下がりになっちゃうタイプ。

人間関係において、白か黒かはっきりさせちゃう感じ。

 

異性関係においても真っ直ぐ。

付き合ってる人がいるなら異性とは極力関わらない。

報告はちゃんとする。

恋人のことならなんでも知りたいし、なんでも知ってほしい。

 

 

 

そんな彼女に対し、僕は人間関係においてはあんまり好き嫌いはなくて、なんというか、興味がある人かない人のどっちか見たいな区分をしてて、どんな人でもわりと愛想よく振る舞うことができる。

ただし、感情表現は苦手で、好き嫌いとか、自分の意見をはっきり言えない優柔不断タイプ。

 

異性関係においても、友情と恋愛感情は別物だと思ってて、異性と接することにあまり抵抗はないし、彼女が異性と関わっててもそんなに心配しない。

秘密はあって当たり前だし、相手のすべてを知ろうとも思わないし、知られたくないことだってある。

 

こんな二人が付き合えばどうなるか。

 

そりゃもうケンカの嵐である。

例えば、僕はサークルの付き合いなどで女の子と接する機会が結構あって、もちろん女友達がいるわけだ。

僕は連絡を取ったり、遊んだりもしたい。

でも、彼女はそういうのは許さないタイプ。

自然とケンカは起きる。

 

彼女はもちろん自分からも異性とは関わろうとしないタイプなので、その時点で価値観は食い違っている。

 

だから、僕は彼女に女の子とのコンタクトを隠すという斜め下のやり方で、ケンカを避けようとしたことがある。でも、女の子は鋭い。一瞬で嘘は見破る。

 

またケンカになる。まぁ、嘘をついた僕の方が悪いんですけどね。

 

そういうやり取りをして、何回か別れそうになったこともある。

  

とにかく、彼女と僕は違うところばかりだ。

好きな音楽も、好きな映画も、性格も、価値観も、性別も。

 

なんでこんなに違うのか。

「なんでこんな自分とは違いすぎる変なやつと付き合ってんの?」

って僕も、彼女も思ってる。

 

そもそも違うから付き合ってる

 

でもよくよく考えてみれば、僕と彼女は初めから違う。

 

そう、僕と彼女は違うんです。 

違うから、好きだし、付き合った。

 

例えば、性格。

僕は結構人の顔色を窺ってしまうタイプだ。だから言いたいこととかはあんまり口にすることができないし、その性格が影響してか、人の裏の感情とかも考えてしまって、人の頭の中を考えすぎて動けなくなってしまう節がある。

そして、人の顔色を窺うからこそ、人といるのが疲れる。

感情表現を表に出すのも苦手だったりする。

 

でも、彼女は逆だ。

したいこと、嫌なこと、全部顔や行動や言動に出る。非常に分かりやすい。

喜ぶときとかすんごい満面の笑みで喜ぶ。その分怒るとめちゃ怖い。感情の振れ幅が激しい。

そんだけ感情がそのまんまストレートに出てくるものだから、僕が裏を読み取る必要もないから基本一緒にいて楽だ。

 

あと、僕は基本引きこもりなんだけど、彼女は結構アクティブなタイプ。

だから付き合ってから、日々のデートや旅行なんかで、僕一人じゃ絶対に行かなかったであろう場所に、よく連れ出してくれた。彼女がいたからこそできた経験がたくさんある。

 

 

結局、僕が言いたいことは

 

「違うから嫌いになるし、違うから好きになる。」

 

当たり前っちゃ当たり前なんだけど、いざ付き合ってみると、その当たり前がまた違った意味を帯びてくる。

 

好きと嫌いは表裏一体

 

結局世の中のカップルの言う

「嫌いなところばっか浮かんでくるけど、好き。」

っていうのはそういうことなんだと思う。

 

あとネットで、

「恋人の好きになった理由が、恋人の別れた原因になる。」

みたいなのを見たことがあるんだけど、裏を返せば、

「恋人の嫌いなところは、恋人の好きなところと繋がっている。」

ってことだからね。

 

だから好きと嫌いは表裏一体なんすよ。

 

長続きするカップルっていうのは、この「好きと嫌いは表裏一体だ。」っていうことが分かってるから「嫌いだけど好き。」っていう感情が芽生えるんだと思う。

 

 

 まとめ

僕の実体験をもとにして、恋愛について考えてみました。

重要なのは、「嫌いなところは好きなところと繋がっている。」ということです。

もし、あなたに付き合っている人、結婚している人がいるならば、きっとその人の「嫌いなところ」があるでしょう。でもきっと、それはその人の「好きなところ」にも繋がっているはずです。

少し視点を変えて考えてみればきっとわかります。繋がっていることが分かれば、不満は消えないかもしれないけど、でも、ちょっぴりまたパートナーのことが好きになることができると思います。

 

では、今日はこのへんで!!